全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

アイアン・メイデンの待望の最新ライブ・アルバムが発売決定!昨年のメキシコシティで行われた熱狂ライブ全17曲100分超え!

アイアン・メイデンの2枚組ライブ映像が11月20日にリリースされる(国内盤の情報は後日)。
今作『ナイツ・オブ・ザ・デッド― レガシー・オブ・ザ・ビースト、ライブ・イン・メキシコシティ』は2019年9月にメキシコシティで行われたソールドアウトのアリーナ3公演で収録されたライブ音源全17曲100分を超えており、2018年に始まり来年夏に終わるレガシー・オブ・ザ・ビースト・ワールド・ツアーを記念する内容となっている。

また収録曲より先駆けて「Aces High」の先行配信が始まった。

ダウンロード/ストリーミング:https://Japan.lnk.to/NotD-LotB-LivePu

アイアン・メイデンの結成メンバーでありベースのスティーヴ・ハリスはこうコメントしている。
「この夏ファイナルを迎える予定だった2020年のレガシー・ツアーが新型コロナウイルスの世界的流行によりキャンセルになったときは、バンド全員かなりがっかりして落ち込んでいたが、ファンも同じ気持ちだということを知った。俺たちは今まで以上に多くの地域でライブをすることを本当に楽しみにしているし、来年にヨーロッパツアーのほとんどの公演をリスケジュールできたけれど、それでも世界中の誰もが楽しめるみやげとして最高のライブ・アルバムを作れないかと、いままでのツアーで収録したものを聴いていたんだ。俺は今作にとても満足していて、特にセットリストにはいままでライブ・アルバムに収録されたことがない楽曲「For The Greater Good Of God」なんかが入っているし、他にも「Where Eagles Dare」、「Flight Of Icarus」、「The Clansman」、「Sign Of The Cross」といったライブでしばらく演奏していなかった曲が入っている。そしてメキシコで収録したライブ・アルバムも初めてだし、いつもライブで行くと素晴らしく迎えてくれるメキシコのファンたちの情熱や歓喜が十分に発揮されている作品になっていると思うよ。」

アイアン・メイデンのマネージャー、ロッド・スモールウッドも加えてこうコメントしている。
「レガシー・オブ・ザ・ビースト・ツアーはどの公演も素晴らしく、華やかで精巧なテーマのステージや小道具、幕、そして言うまでもない最高のセットリストでファンに愛されてきた。今年のツアーがキャンセルになったとき、ライブ・アルバムを作るべきということは明らかで、スティーヴと共同プロデューサーのトニー・ニュートンなら7万強の観客を集めたメキシコシティの3公演から完璧に本質を捕らえることができるって思っていた。今作は約200万人ものファンが観たレガシー・オブ・ザ・ビースト・ツアーの記念に、そしてまだライブを経験していない人にとっては来年のツアー・ファイナルに向けお試しとして楽しんでほしい。」

ワーナーミュージック・ダイレクトでは今作アルバムの他、Tシャツなどの関連グッズも取扱い中とのことで、ファンは是非チェックしてみては。
https://store.wmg.jp/shop/ironmaiden

■リリース情報


アイアン・メイデン
『ナイツ・オブ・ザ・デッド― レガシー・オブ・ザ・ビースト、ライブ・イン・メキシコシティ』
トラックリスト:
Churchill’s Speech
Aces High
Where Eagles Dare
2 Minutes To Midnight
The Clansman
The Trooper
Revelations
For The Greater Good Of God
The Wicker Man
Sign Of The Cross
Flight Of Icarus
Fear Of The Dark
The Number Of The Beast
Iron Maiden
The Evil That Men Do
Hallowed Be Thy Name
Run To The Hills

先行配信曲「Aces High」ダウンロード/ストリーミング
https://Japan.lnk.to/NotD-LotB-LivePu