全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

ROTTENGRAFFTY、新木場で灼熱の対バンツアー前半戦終了、新曲制作開始の報告も!!

 2019年1月1日から活動20周年がスタートしたROTTENGRAFFTY。本日6/27、新木場STUDIO COASTにて全国ツアー“20th Anniversary Beginning of the Story”前半戦のファイナルが終了した。7/30に松本Sound Hall a.Cで振替公演が控えているが、各地で灼熱の対バンを繰り広げ名演が生まれたこのツアー、現時点では24本を敢行した。
 
 前半戦最後の対戦はBRAHMAN。ファイナルに相応しい猛者がフロアをすでに熱湯状態にしたところに、満を時してROTTENGRAFFTYが登場した!
 
 
 
 
※以下、レポート

ROTTENGRAFFTY
20th Anniversary Beginning of the Story

2019/6/27@東京 新木場STUDIO COAST
w/ BRAHMAN
 
 
 
 
 ROTTENGRAFFTYの結成20周年ツアー“20th Anniversary Beginning of the Story”、前半戦最終日、東京公演。ソールドアウトで観客がパンパンに詰めかけたSTUDIO COAST。BRAHMANが凄まじい気迫と圧倒的なパフォーマンスを見せつけた後、ステージに現れたROTTENGRAFFTY。
 
 

 KAZUOMI(G./Programming.)が吠え、N∀OKI(Vo.)がライブのスタートを宣言、「寂寞-sekibaku-」が始まった途端に興奮は一気に爆発。振り上げられた無数の腕の中をダイバーが舞う。ステージの5人もオーディエンスも最初から全力、テンションは尋常ではない。「夕映え雨アガレ」「更生」と重ね、N∀OKIが「瞬間を生き延びろ!」と叫んで「世界の終わり」でフロアを興奮のるつぼに落とし込み、NOBUYA(Vo.)が「新木場、とことんやろうぜ!」と更に客を煽る。
 
 

 「1stアルバム1曲目!」とN∀OKIが告げた「切り札」。ヴォーカル2人の掛け合いとハーモニー、KAZUOMIのソリッドなギター、侑威地(Ba.)が練り上げた太いグルーヴ、HIROSHI(Dr.)が繰り出すタイトなリズム、そして5人の声が立て続けに襲いかかるミクスチャーサウンド。最高だ。
 
 

 
 
 「PLAYBACK」ではオーディエンスは大きな声で叫び、ヘドバンし、腕を振り上げ、ジャンプして、ステージの5人と一緒に歌い、“ライブ”という最高の空間を作り出す。そしてKAUZOMIが「みんな聴きたい曲あるだろうけど、一生懸命やるからさ。懐かしいの…」と言って始まった「生クリーム」~「鬼ごっこ」~「・・・・・マニュアル02.5」というメドレーはまさにファン垂涎。会場の至るところから悲鳴に似た歓喜の声があがる。
 
 

 まったく客を休ませることなく、照明が落ちたステージでNOBUYAが「まだまだいけるやろお前ら? 殺す気でかかってこいよ!」と叫んで「THIS WORLD」へ。次から次へと惜しげもなく繰り出されるキラーチューン、誰でも盛り上がらないわけにはいかないだろう。NOBUYAがフロアに突入し、N∀OKIが柵の上で叫び、KAZUOMIもギターを置いてフロアへ突入。ステージの上も下も全員が全力で、全身でライブを楽しんでいる。
 
 

 
 KAZUOMIが「遠慮するなよ、俺らに全部ぶつけてこい! 」と叫んで始まった「零戦SOUNDSYSTEM」でライブの様相はますます混沌と化す。いきなりKAZUOMIがステージダイブし、数えきれないほどのダイバーが舞い、興奮が一切途切れないカオスの状態に。やばい。何が起こるかわからない。これがROTTENGRAFFTYの真骨頂だ。
 
 

 MCでは、17年前に高田馬場PHASEで対バンしたBRAHMANへの感謝の気持ちを告げ、前衛がN∀OKIで後衛がNOBUYAというフォーメーションが抜群に映える「e for 20」で存分に魅せ、オーディエンスの体力の残りをすべて出し尽くさんと「銀色スターリー」「D.A.N.C.E.」と怒涛の流れ。ライブは佳境に入っていき、高い天井のCOASTのフロアの温度と湿度はぐんぐん上がり、観客の興奮は更に強くなる。
 
 

 N∀OKIが声を枯らしてオーディエンスを煽り、KAZUOMIは「おい、もう終わるぞ」と客を挑発し、オーディエンスはそれに応えて汗だく全力でステージに襲いかかる。バンドもバンドなら、ファンもファンだ。ここには最高の奴らしかいない。
 
 

 
 ステージ前にざっと見て100人以上の肩車ができ、それが一気に舞った「金色グラフティー」。もちろんステージ前だけではなく、フロアは端から端まで、2階席なども関係なく腕を振り上げ、ROTTENGRAFFTYの一挙手一投足に歓喜、ただ観ているだけなのに全身が汗でじっとりと濡れてくる最高の時間。そして「Rainy」を全員で歌い、あっという間に本編終了。同曲の歌詞にあるように、全員が“このままずっと”と最高の瞬間が続くことを願っていただろう。
 
 

 アンコールでは「TIME IS OVER」、そしてBRAHMANのDr.RONZIが途中からスペシャル参加した「Bubble Bobble Bowl」で大団円。楽しくて、時にはとてつもなくエモーショナルで、強大な一体感があって、5人の感謝の気持ちがめちゃくちゃ伝わってきて、なのに喧嘩を売るような形相で襲いかかってきて、何が起こるかわからないライブハウスのヒリヒリした緊張感があって、とにかく全部が全力で。昔からずっと変わらなくて、でも20周年を迎えてめちゃくちゃグレードアップした“ROTTENGRAFFTYらしさ”を存分に味わえた。今日のROTTENGRAFFTYも最高だった。
 
 

 最後に1人ステージに残ったKAZUOMIは「俺らは次の音源の制作に入ります。早ければ夏の終わりくらいには、いつリリースできるか発表できるかもね…まだわからへんけどね。また会いましょう、ありがとうございました」と頭を下げ、ステージを後にした。ROTTENGRAFFTYはどんな未来を描いてくれるのだろうか、今から彼らの未来が楽しみでならない。
 
 

 
 
text:山中 毅
photo:かわどう、石井 麻木

 
 
 
 
 
 最後にKAZUOMI(G./Programming)が、次作に向けてレコーディングに入ることを報告、そしてツアーの後半戦が“20th Anniversary Beginning of the Story 〜We are ROTTENGRAFFTY〜”として”逆ロットンの日”である10/6からスタートする。主催の“ポルノ超特急2019”も決定し、20周年を全力で走っている彼らだが、さらに新曲を制作中とのことで、続報を心待ちにしたい。今後のロットンからさらに目が離せない!
 
 
 
 
“20th Anniversary Beginning of the Story”(終了したところは割愛)
7/30(火)長野県 松本Sound Hall a.C
※5/16(木)の振替公演、Crossfaithの出演は無し。
 
 
 
“ポルノ超特急2019”
12/21(土) 、12/22(日)京都パルスプラザ
 
https://porno.rotten-g.com/19
 
乗車券最速先行受付
<610倶楽部超最速 0次先行受付>
6/11(火)正午〜6/30(日)23:59
https://610club.rotten-g.com/contents/
 
 
 
 
全国ツアー後半戦
“20th Anniversary Beginning of the Story 〜We are ROTTENGRAFFTY〜”

10/06(日) 京都KBSホール
10/11(金) BLUE LIVE HIROSHIMA
10/12(土) 高松festhalle
10/19(土) Zepp Fukuoka
10/25(金) Zepp Osaka Bayside
10/27(日) Zepp Nagoya
11/01(金) 新潟LOTS
11/02(土) 仙台GIGS
11/10(日) Zepp Sapporo
11/15(金) Zepp DiverCity(TOKYO)
※ゲストバンドは後日発表
 
 
 
 
dTV15秒告知SPOT

 
 
Blu-ray&DVD「PLAY ALL AROUND JAPAN TOUR 2018 in 日本武道館」Official Trailer

 
 
「寂寞-sekibaku-」 in 日本武道館
(DVD/Blu-ray「PLAY ALL AROUND JAPAN TOUR 2018 in 日本武道館」2019年1月30日発売トレイラー)

 
 
「アイオイ」 Music Video YouTube Ver.

 
 
「PLAYBACK」 Music Video YouTube Ver.

 
 
「70cm四方の窓辺」Music Video YouTube Size

 
 
「So...Start」 Music Video

 
 
 
 
オフィシャルHP http://rotten-g.com/
レーベル http://www.jvcmusic.co.jp/
Twitter https://twitter.com/ROTTEN_KYOTO
 
 
あわせて読みたい

ROTTENGRAFFTY 20th Anniversary Interview:響く都のROTTENGRAFFTY、20年目の全メンバーソロインタビュー