全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

“NEW LINK!”主催の若手ブッカーたちによる連載“密林区!”


 
下北沢のライブハウス・BASEMENTBAR、CLUB 251、Daisy Bar、mona records、近松、それぞれの若手ブッカーが協力して開催する“平日開催、チケット代2000円”で楽しめるサーキットフェス“NEW LINK!”。
店同士の垣根を超えた、下北沢の新しい“平日ライブハウスブッキングイベント”を主催する5人の若手ブッカーたちによる新連載がスタート!
“密林区!(みつりんく!)”と題された本連載は、“まだ誰も知らない、密林の中に潜むバンド”をNEW LINK!のブッカーがそれぞれ紹介していくものだ。
未知なる才能との出会いを求めている人は、ぜひ本連載をチェックしてライブハウスに足を運んで欲しい。

 
 
■イベント情報
“NEW LINK!”
2018/8/08(水)
下北沢BASEMENTBAR、CLUB251、Daisy Bar、mona records、Laguna、近松

 
 
 
 
 
 
=========================================
 

第8回:Turns blue


 
こんにちわ! CLUB251有馬です!
先日のNEW LINK!第2回目は、まさかの台風の中での開催でしたが、見事前回の来場者数を上回り、大盛り上がりで終了いたしました。
来てくださった皆様、本当にありがとうございました。
 
メインイベントは終わりましたが、まだまだ下北沢のサーキットフェス、NEW LINK!は続きます。
付属イベントの“MINI LINK!”やこのコラムなど、まだ知られてない、かっこいいバンドをどんどんご紹介してゆきますので、これからも目を離さないでくださいね。
 
今回ご紹介させていただくのは、Turns blueというバンド。8/8も素晴らしいライブしてくれました。
見た人にはわかると思うんですが、アー写や音源からは想像できないくらい肉体派のライブをしてくれます。目の前のオーディエンスに向けてもう、無我夢中になって自分たちの音楽をぶつけてくれます。
しかも嫌味っぽくない、どストレートなんです。
 
この記事を読んだ皆様は、まずYouTubeで「夜明けの疾走」を聴いて、“あ。いい声だしアレンジも好き!”ってなって、9/25のDaisyBarで行われるTurns blue企画に応援にいってどハマりしてほしい。
これから始まってゆくバンドなので。一緒に応援してください!
 
■Turns blue / 夜明けの疾走

 
 
Text:有馬ゴウジュン
下北沢CLUB251の制作担当。
レペゼン東京都豊島区大塚。
対応はいつもやわらかめ。そして下戸。
 
【下北沢CLUB251】
 
 
 
 
=========================================
 

第7回:メメタァ


 
こんにちは。
下北沢 近松ブッキングの梅澤です。
 
今回紹介させて頂くのは「メメタァ」です。
ボーカル成悟の力強い歌声と捻くれているんだけど、共感できる歌詞、90年代のJ-POPのような、懐かしくもあり癖になるメロディーラインなど、ライブを見るたびにどんどん惹かれていきます!
 
そして、メメタァの最大の魅力は誰もが感じる劣等感や、コンプレックスなど日々の葛藤を打ち消してくれるライブだと思います。
 
誰もが憧れる華やかなバンドではないかもしれません。
でも、誰かの味方になることができるバンドだと思います。
 
来年で結成10周年。
彼らが信じる音楽を是非聴いてほしい。
8/8(火) NEW LINK!で是非お願いします!
 
■メメタァ - 僕がメガネをとったら(MV)

 
 
Text:ウメザワ
…下北沢近松のブッキング。北海道出身。
大学時代にクラウドファンディング会社の立ち上げを手伝い、サーキットフェスや、バンドのスタッフを経験し、今は日々下北沢で働いています。
 
【下北沢近松HP】
 
 
 
 
=========================================
 

第6回:Mr.Seaside


 
こんにちは、下北沢BASEMENTBARのかたしょです。
今回紹介させていただくのはMr.Seaside
元は僕が住んでいた群馬を中心に活動していたバンドでその頃に出会いましたが、現在では東京で精力的に活動しています。
 
いわゆるオルタナティヴに分類されるバンドですが、ひとくくりには出来ないキャッチーさと良い意味での青さを兼ね備えています。
何よりの魅力はライブ。
熱を胸に秘め虎視眈々と磨き上げてきた自分たちの音、そしてそれを一心不乱に掻き鳴らす姿は、目撃した人の脳天を撃ち抜くような衝撃を与え見終わった頃には清々しい余韻が残るはず。
 
結成から4年以上経ちメンバーチェンジもありましたが、ここ最近はこれまでとは比べものにならないほどカッコよく、これからどこまで駆け抜けていくのかワクワクしながら応援し続けています。
ぜひとも当日、いまの彼らの姿をその目に焼き付けてください!
 
■Mr.Seaside - 19 (Live MV)

 
 
Text:かたしょ
…下北沢BASEMENTBARのブッキング。
大学時代を過ごした群馬を中心に各地でもライブイベントの企画をしたり、同い年5人によるDJチームBYE CHOOSEとしても活動しています。
 
【下北沢BASEMENTBAR】
 
 
 
 
=========================================
 

第5回:錯乱前戦


 
どうもCLUB251有馬です。
NEW LINK!でコラムもたせてもらえるなんて、当初全く思ってなかったですね!!!!
なんならHPにバナーまで出していただいている始末。ありがとうございます。
 
これまでの4回で、SUP / エルモア・スコッティーズ / 時速36km / Youmentbayの4バンドを紹介させてもらいましたが、どれも最高にいいバンドばかりなので、YouTubeとかから聴いてくださいね。
有馬からのお願いです。
 
さて今回紹介させていただくのは、東京出身、圧倒的なライブが魅力の「錯乱前戦」というバンド。
今各地でキレッキレのライブで評価いただいているイキのいいバンドです。
男5人組の、ロックンロールバンド。もうバンド名含め字面が暑苦しい。
 
去年、無名ながらいきなりサマソニに出演して、その後有名バンドのツアーなどに参加し徐々に知名度上がって来てますが、僕が出会った時から、ライブ内容は全く変わってません(もちろんいい意味で)。
 
まったく予想ができない、キラキラしたドキドキをくれるバンド。ザッツロックバンドです。
これからもそのライブで、各所を賑わしてほしい。そして見た人は、周りに広めたくなると思います。
 
「こんなバンド久しぶりにみた!!」って! 鼻で笑っていいです、「まだいたんだ!(笑)」って。
そんなのひっくり返すくらいいいライブするので、8/8も要チェックですよ。
 
 
■錯乱前戦 - バカ(MV)

 
 
Text:有馬ゴウジュン
…下北沢CLUB251の制作担当。
レペゼン東京都豊島区大塚。
対応はいつもやわらかめ。そして下戸。
 
【下北沢CLUB251】
 
 
 
 
=========================================
 

第4回:Youmentbay


 
下北沢mona recordsのはじめちゃんです!
今回紹介させて頂くのは、Youmentbayというバンドです。
 
G./Vo.ヤマヤとDr./Vo.サクライエナの男女ツインボーカル・インディーポップバンド。
ラップ調の歌や、男女ボーカルを活かしたコーラスワーク、電子音を使った演奏など、3ピースバンドながら多彩なライブパフォーマンスが魅力。
 
思わず体を揺らしてしまうビート感と口ずさみたくなるような人懐っこいメロディーがYoumentbayの評判の理由だと思います!
 
下北沢で、Youmentbayを好きじゃない人って聞いたことないです!
それにYoumentbayを好きな人は総じてみんな良い人です。えっ、スピッツじゃん!
 
ヤマヤんちはうちから徒歩1分です。
 
■Youmentbay - Holiday(MV)

 
 
Text:はじめちゃん
…下北沢mona recordsのブッキング。
自身のバンド、三つ峠でG./Vo.、将棋DJ三段(DJ)、hajimeshi屋(FOOD)等、都合よく活動中。
 
【下北沢mona records】
 
 
 
 
=========================================
 

第3回:時速36km


 
こんにちは、下北沢DaisyBarの金子です。
私が紹介させて頂くバンドは“時速36km”です。
既に耳の早いリスナーの方々はご存知の方も多いのではないでしょうか。
 
1年ほど前から精力的に活動を始めた彼ら。
最初の印象は良くわからないバンド名・華がないメンバー・ライブはうるさい・早口で何歌ってるか分からない。
ただ時たましっかりと聴こえてくるVo.仲川の言葉がとにかく突き刺さってきた。
 
HPよりほぼすべての楽曲の歌詞を読むことができる。
改めて彼らの言葉が突き刺さってくる。
 
彼らは優秀でもないし、そこまで落ちぶれてもいない。
きっと多くの人らと、大きな違いのない生活を送ってきたのだと思う。
だからこそ、彼らの言葉は嬉しいくらいに届いてくるし、悲しいくらいに響いてくる。
 
“誰にも勝てない音楽を”
時速36kmが掲げ・体現していくその先を、見届けて欲しい。
 
■時速36km / 夢を見ている MusicVideo

 
 
【時速36km HP】
 
 
Text:金子
…下北沢DaisyBarのブッキング。
お酒が大好き。
最近は猫と幸せな暮らしを送っている。
 
【下北沢DaisyBar】
 
 
 
 
=========================================
 

第2回:エルモア・スコッティーズ


 
8/8に下北沢で開催される“NEW LINK!”。僕は出演バンドの中から、エルモア・スコッティーズを紹介させていただきます。
 
Twitterをフォローしてくれたとか、詳しくは覚えてないのですがとにかく何かのきっかけで音源を聴き「君のことを話すと 煙たくなる 煙草の匂い」という歌い始めの一節にやられました。
 
その後ドラムボーカルのロクローくん(ニトロデイのドラムとしても活躍している)とライブハウスで会う機会があり、家に帰ってミニアルバムを聴いてみたところ、脈々と続いてきた日本語ロックの良さが溢れる作品で感動。
 
感情がこみ上げてしまうような一面と、じんわりと温かみを感じる一面、そして何より彼らの真摯な人柄が滲み出るライブにもぜひ足を運んで欲しいです。
 
6/7・6/19に開催される“MINI LINK!”にも両日出演する、個人的に大プッシュのバンドです!
 
 

 
 
Text:かたしょ
…下北沢BASEMENTBARのブッキング。大学時代を過ごした群馬を中心に各地でもライブイベントの企画をしたり、同い年5人によるDJチーム“BYE CHOOSE”としても活動しています。
 
【下北沢BASEMENTBAR】
 
 
 
 
=========================================
 

第1回:SUP


 
紹介させていただくバンドは、“SUP”
 
初めて見た時の衝撃を忘れることができないバンド。
PixiesやThe Libertinesなど、オルタナ・パンクに影響を受けている彼らのサウンドは、どこか懐かしさも有り常に新しいものを生み出している。
 
一番の持ち味は全てをさらけ出す圧倒的なライブパフォーマンス。エネルギッシュで、どこまでもまっすぐな彼らを見たら好きにならざるおえないでしょう!
 
去年の10月に初ライブをしてから破竹の勢いで進む彼ら。
今が一番脂がのっている時期だと思います。
 
気になる方は、彼らのSoundCloudでチェック!
8/8(水)の“NEW LINK!”で是非見ていただきたい!
 
【SoundCloud】
 
Text:ウメザワ
…下北沢近松のブッキング。北海道出身。大学時代にクラウドファンディング会社の立ち上げを手伝い、サーキットフェスや、バンドのスタッフを経験し、今は日々下北沢で働いています。
 
【下北沢近松HP】
 
 
 
=========================================
 
■WEB
“NEW LINK!”
下北沢ライブハウスの垣根を超えた新しいサーキットフェス開催。

【Official Site】
 
【Official Twitter】

banner05
banner_228 banner_top 浅井製作所 NCIS_banner4 new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj