全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

ラックライフ メンバーによるアルバム『Life is beautiful』ライナーノーツ

ラックライフ メンバーによるアルバム『Life is beautiful』ライナーノーツ

G.イコマ編

1.サニーデイ
バンド人生の集大成とも言えるデビュー後、初めてのアルバムの一曲目でもありリード曲。そんな節目な曲はすごくラックライフらしいキラキラした曲になったなーと思います。ラックライフとしては初めてブラスセクションなんかも入った曲ですごく賑やかな曲になりました。個人的にはギター録りのとき、鍵盤やブラスが入ってるので、音作りにいちばん苦戦した曲で、最後の最後でやっぱり全部やり直しますって言ったり。その甲斐もあってすごくキラキラした、バンドって楽しいって曲になりました。MVもラックライフ結成9周年をお祝いして頂いた愛に溢れた素敵な作品です。(初挑戦のダンスに要注目。笑)

2.初めの一歩
2ndシングル表題曲。ライブの定番曲ですね。最初PONがサビの掛け声を持ってきたときは、若さ溢れてるなーと思いました(いい意味で)。バンド始めたときは何かを伝えるとかよりも、とにかく楽しい事しか頭に無くて。でもそれも大事な事やなーって思います。童心、初心にかえる曲です。

3.view
この曲のデモ段階での仮タイトルは“風”。仮タイトル通り疾走感溢れた曲です(笑)。あんまり難しい事は考えずとにかく男らしい感じで録ろうと思いました。レスポールにアンプ直みたいな(実際何個か繋ぎましたが)。個人的にファズONのギターソロがお気に入り。

4.shutto
言い方が悪いですが少し変なフレーズを入れたいなと思いました。癖のある、毒のあるような。それでいてサビはやっぱりラックライフって感じの。難解で単純な曲に出来たかなーと思います。矛盾。

5.アイトユウ
インディーズ2ndシングル表題曲。ラックライフには割りと珍しいTHE・ラブソング。ラブソングなだけに出来るだけ解りやすく歌詞やメロディを以下に聴きやすく出来るかを意識して制作しました。シンプルって難しいですねー(笑)。色々試した結果バンドでせーの! でやったときの、いちばん初期に弾いたフレーズが採用されました。MVの子役の子達の演技が泣けます(笑)。

6.君の匂い
個人的にギターソロかっこよく録れたなーと思います(笑)。少し理性を失ってるぐらいの感情の起伏が激しいギターをイメージしながら録りました。ギターソロ録るときはイスから立ちあがって弾いたり(笑)。アコギのイントロもいい味出てますね。

7.風が吹く街
3rdシングル表題曲。ロックバンド! って感じの曲になったと思います。メインギターのストラトではなくレスポールで全トラック録りました。MVの通りモノトーンで少しアーバンな雰囲気がしっくりくる曲ですね。間奏のリフのハーモニクスがお気に入り。

8.素晴らしい世界
ライブハウスで育ったバンドって感じの曲になったなと思います。泥臭くて、がむしゃらで、熱さの塊みたいな先輩達を目指して育ちました。そんな自分なりに消化してきた今までの自分と、今のラックライフっぽさみたいな物を上手く織り交ぜた1曲かなと思います。

9.ラブリープリティーミュージック
ファンク要素を感じるラックライフには新しい挑戦的な曲ですね。個人的にこういう音楽は聴く方でも好きなので、プレイしていてすごく楽しい気持ちいい曲です。2Aメロのクリーンのカッティングなんかすごく弾いていて気持ちがいい(笑)。カッティングトラックはシングルコイルのハーフトーンで軽やかに弾きたい1曲です。

10.変わらない空
インディーズ3rdシングル表題曲。イントロのリードトラックはワーミーペダルで上のオクターブを足して録ってみました。爽やかで疾走感溢れる、んーなんていうか好青年の様な曲(笑)。MV撮影の倉庫内での撮影はきっと2015年でいちばん暑かったなー(笑)。

11.モーメント
3連の曲ですね。コードトーンをかなり意識しながらフレーズを模索しました。珍しくタッピングしてみたり(良く聴くとサビ裏でずっとタッピングしてるトラックがあります)。ロックバラードって言葉が自分的にはしっくりきます。

12.赤い糸
個人的にラックライフのコピーバンド時代のバックグラウンドが垣間見える曲だなと思います。きっと高校生のときの自分にこの曲聴かせたらコピーしたいって思うだろうなと(笑)。バンド始めたときのエレキギターってかっこいいと思ってた部分が詰まった1曲です。トラックごとに別々に録らず、自分でペダルを踏み分けながらほとんどツルッと丸々録った曲でもあります。

13.名前を呼ぶよ
メジャーデビューシングル。ラックライフの夢を叶えてくれた曲です。デビューシングルなので意気込んで作るつもりが、PONが弾き語りでメロディを持って来た時点で、正直バンドで何もしなくても完成されてるなと思った曲でした。後はバンドで壮大な世界観を演出出来れば自信持ってデビュー出来ると確信した1曲です。特に音楽的に難しい事はしてないけど、きっと響く曲になったと自負しております。
 
 
 
 

Ba.たく編

1.サニーデイ
ラックライフらしい楽しい明るい曲です。ラックライフ初のブラスサウンドで、なんとも素晴らしいほどにパーティ感溢れる曲になってます! MVでは僕らメンバーも踊ってます!衣装もちょっといつもと違った感じなので色々と要チェックです!

2.はじめの一歩
2ndシングルでTVアニメ「チア男子!!」のOPをやらせてもらった曲。サビで「ヘイ!!」って掛け声が入ってるんですけど、ライブのときに気合い入れて声出しすぎて「そんな柔道部みたいな掛け声じゃなくてもっと爽やかに」って注意されたことがあります(笑)。MVでは水合戦をしてるシーンがあるんですが、メンバー4人の本気の戦いで僕は常に狙われてました(笑)。

3.view
普段は指でベースを弾いてるんですがこの曲は疾走感ある曲なのでピックで弾いて固めのアタックを出しています。テンポ感もありライブでもりあがるやろなーって今からでも想像してます!

4.shutto
夏と言うか、太陽のイメージがありますね。特にイントロとAメロが軽快なメロとサウンドやからなお太陽なイメージ! 仮タイトルは“さんさん”だったのもそのままですね(笑)。歌詞に四字熟語が結構出てくるのも僕は印象に残りましたね!

5.アイトユウ
直球のラブソング。“僕が幸せにするんじゃなくて2人で幸せになろうな”っていう歌詞があるんですけど、「お互い支え合っていこうね」っていうところにすごく共感できて、好きなフレーズですね。メンバー共通の高校の友達に向けた曲で、結婚式のときにも演奏させてもらった思い出のある曲です。

6.君の匂い
寂しげな歌声とメロディがすごくグッときますね。音数も減らすところは極力減らして鳴らすところは鳴らしてという、静と動が見えるドラマティックな曲ですね。

7.風が吹く街
文豪ストレイドッグス第2クールEDで1期、2期と連続でやらせてもらえたことがすごく嬉しくて有り難いです。第1クールのときとはまた違うアップテンポでサビはあまり余計なことはせずに刻み続けて弾いてます。MVの衣装のイメージが白と黒で僕はサロペットを着ました。ちょっと可愛くなりすぎかなとも思ったんですが意外とそんなことなくて気に入ってます!

8.素晴らしい世界
ラックライフらしさがすごく出てるんです。年間通していっぱいライブしてきてそこで培った熱量がこの曲にはたくさん含まれてる音源だなって。そんな僕らライブバンドが作る曲だなって思います。

9.ラブリープリティーミュージック
ファンキーでノリノリな曲ですね! サビ以外が僕の中でも新しいフレーズに仕上がって気に入ってます。新鮮なのもありますが、このファンキーな感じが演奏してて楽しい曲なので、聴いた方もノリノリで楽しんでいただけたらなと思います!

10.変わらない空
TVアニメ「純情ロマンチカ3」のED曲で、この曲が初めてのアニメタイアップ曲でした! なので自分らの音に合わせてアニメがついたのを観たときはものすごい感動しましたね。MV撮影のときは真夏ではなかったもの、めちゃくちゃ暑くて現場も倉庫だったのでもはや蒸し風呂で大変だったのを覚えています(笑)。

11.モーメント
夕方のオレンジがかった空をイメージしちゃう曲ですね! この3連のリズムに僕が壮大なイメージがあるからかもしれませんが。Aメロではアクセントをつけずに淡々と演奏していて歌詞の内容も、家に帰る道で1人で思いふけってる風景が思い浮かんでました。なのでそういうイメージを共感できる人がいたら嬉しいですね。

12.赤い糸
サビがバラードでも行けそうなメロディに対して、バックサウンドはロックなサウンドで演奏してるっていうところがミソだと思ってます。かなりオススメ曲です。

13.名前を呼ぶよ
メジャーデビューという1つの大きな夢が叶い、TVアニメ「文豪ストレイドッグス」第1クールEDにもなった曲です。難しいアレンジはなく、シンプルやけど耳に残る、ほんまに素晴らしい曲です。ここからスタートライン、いつまでも初心を忘れずがんばっていこうと、そう決意した曲です。
 
 
 
 

Dr.LOVE大石編

どうも~、ドラムのLOVE大石です! 3/15にメジャー1stアルバム『Life is beautiful』がリリースってことで、とてもハッピーなオーレです! 3/15は9年前に僕らが結成した日であります! ホントにキラーチューンな曲しかないので、必ず自分好みの楽曲が13曲の中にあると信じています! 好みは人それぞれですが、ラックライフを好きでいてくれる人達は、ちゃんと歌詞を読んでくれる最高な人達だと思います。たまにはドラムも聴いてね(笑)。

1.サニーデイ
この曲はね、僕がフルアルバムの推し曲で悩んでいて、PONにあの感じのこーゆーのがあった方がいいと思うとか、あーだこーだ言うて、土台を作ってきてくれた曲の内の1曲です! はじめは推し曲の印象がなかったのを、バンドサウンドで音を録ってみたら…えっ? これめっちゃええやん? ってなって、自分の妄想とプロデューサーと意見が同じだったので、間違いなくこの曲でいこう! となり、みんな元気になれたらいいなという思いがガンガン詰まってます! みんなで幸せになりましょう。ラストサビに入るときのドラムが弾けているのは要チェックです。

2.初めの一歩
ど頭のイントロとかの曲のアレンジが空から舞い降りてきたので、メンバーに頭おかしくなったんちゃうか? って言われてもおかしくないテンションで伝えて、ノリノリで作った記憶があります! これは王道ロックの定番ミドルなイメージです。誰もが耳に馴染みやすい曲です! 最後のメタルなフレーズのドラムは完全にレコーディングのときのノリでできたやつっす(笑)。ノリがいちばん!

3.view
きたきたきたーっ!!! かなりのアップテンポに聴こえますが、実はそうでもないんです。リズムって面白いよなー、どういうテンションで聴くかでも変わってくると思います! ほんとテンション上げてくれたり、エモくなれる曲です。歌が聴きやすいよーにドラムのリズムの基盤になるものを減らしたり。でも絶対にドラムでノリノリになれる曲です! 全部全力で叩いてます。

4.shutto
遊び心がかなり詰まっている曲です! 色んなパターンがあって、飽きないのが魅力なのと、サビに入った瞬間の広がりは何だかワクワクするよーな感じです。ギター、ベース、ドラムの細かいアプローチに注目してもらいたいかな。Bメロのドラムパターンは一押しです。

5.アイトユウ
もう温もりしかないです。心が温まるよーな気持ちと自分の熱いロックを、特にバスドラとスネアに込めてます。熱い気持ちでサラッと叩くのもいいけど、自分は熱い気持ちで激しく叩きました。2サビ終わりらへんからのドラムのヒートアップに注目してほしいところです。 いちばん上がっていくところなんでね!

6.君の匂い
アルバムの中でいちばんと言っていいくらい新しいバラードです。個人的にはAメロの歌はかなり心地良くて、すごく気持ちを落ち着かせるための雰囲気を出すためのアレンジをしたので、そこを感じてもらいたいです。後はサビ終わりの色んなものを切り裂いていくよーなリードギターには注目やね。ラストサビ終わりからのAメロへの入り方は神がかっている感動できるシーンだと思います。

7.風が吹く街
今まででいちばんと言ってもいいくらいハイスピードで完成してレコーディングした曲だと思う。ラックライフの中ではかなりロックな曲で、かなり攻めたい気持ちとPONのもともとあるキャッチーなポップなメロディがマッチして、とにかくかっこいい曲です! 2サビに入る前のフィルインに注目してほしいです。「俺っ! いきますっ!」ってフレーズです(笑)。

8.素晴らしい世界
THE・ラックライフ! っていう楽曲で、ドラムでケツを蹴りあげるよーなフィルインがたくさんあります。僕らっぽさの溢れる音やアレンジなんで、かなり分かりやすくて聴きやすいです。たまにドラムが出しゃばるのは、俺もいるぜっ! アピールです(笑)。すません(笑)。でもいいと思ってやってるのでよろしくです。2サビ終わりのドラムから激しく発進していくのはテンション上がるポイントだと思います。

9.ラブリープリティーミュージック
気持ち的には、みんなが踊れるよーなハッピーな気持ちになれるよーな、あんまり気を張らないでアホになって聴いてもらえるように叩いてます。歌はもちろん聴いてもらいたいけど、あれ?ノリノリで聴いてて細かく歌詞聴けなかった! もう一回聴いて歌詞聴こう! っていう、2回連続聴いちゃうよーな曲だと思います。3回連続は…いや、次の「変わらない空」聴こかっ!(笑)

10.変わらない空
疾走感のあるアップナンバーです! 僕らのことをあまり知らない人からの、ラックライフのイメージをかなり広げてくれた曲です。PONはアップテンポが不得意やけど、僕はもともと得意だったんで、自分の感性とPONの持つポップでキャッチーなメロがマッチしたと言える曲です。アップな曲でも、本当にアレンジをかなり考えた記憶があります。やからこそ、綺麗にまとまった曲になったんじゃないかな? と思います! これからもずっと当たり前のよーにやりたい曲です。

11.モーメント
僕が3連の曲をやりたいと言ってはじまったんですが、その理由として、PONの作る3連は他のどのアーティストにも絶対に出せない雰囲気が不思議とあるんです。これこそPONの唯一無二の存在が出る曲です。アレンジの見所はたくさんありますが、PONの歌を聴いてください(笑)。ただそれだけです。

12.赤い糸
歌詞の内容が素晴らしすぎるので、個人的にはこの曲を激推しします! この曲を作りはじめる段階では、この曲がフルアルバムの推し曲になりそうでした。けど、色んな事を考えた結果、サニーデイにしました! アレンジも色々こだわっていて、かなりいい温かい気持ちになれる曲です! 僕も激しくも、尖らない丸い気持ちでレコーディングしました! とりあえず激推しします。落ちサビからのドラムinからの全体inは震えるポイントです。

13.名前を呼ぶよ
この曲は、いかにシンプルなロックバラードにするかが重要でした! 手数がもともと多い僕が、どれだけ我慢できるか…いや…我慢というより入れなくて気持ち良かったから手数が少なくなったと思う。でも1サビの半分のとこはありえないフィルを叩いています。完コピはさせません(笑)。夢を叶えてくれた大切な曲です。一生忘れるはずもない曲です!

 
 
 
 
先月号に掲載したVo./G.PONによる1stアルバム『Life is beautiful』完全解剖SPはコチラ
 
 
 
 
ラックライフ特集トップに戻る
 
 
 
 

new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj