全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

無茶! 地方アイドル!! のまき

やあやあやあ。ずいぶんな暑さになりましたなあ。誰が読んでいるか全くわからないページでございますよ、ええ。

さて、アイドルである。いきなりですけど。これを読んでいらっしゃる奇特な方の中にもアイドル好き、って言う人がいらっしゃるかもしれません。

とある縁がございまして、仕事でいわゆる地方のアイドル、ロコドルさんをお世話されている方々と会う機会がありまして、やはりお会いするんだったら現行のアイドルについてちょっとでも知っておかないと、と思っていろいろ調べさせていただいたんですよ。で、こりゃあかなりオモロいことになってますなあ、なんて思いまして。

多くの人が指摘していたりするのですが、これはもうかつてのバンドブーム的様相になっているのだねえ。いわゆるハロプロ所属のユニットやAKB48やももいろクローバーZといった有名どころから全国各地で活動している名前がほとんど伝わっていないアイドルまで、思う以上の数のアイドルが存在していて、それぞれがそれぞれのスタンスで活動している、と。それぞれのスタンス、それぞれのコンセプト、それぞれの楽曲、そのそれぞれが上を目指している、というのがいいよね。上って言ってもメジャーデビューとか(そういうグループもいるだろうけど)ではなく、動員であったり作ったCDの売り上げだったり、ダイレクトにお客さんありきの部分で上を目指しているって言うのがいいなあ。ファンの人たちも能動的だよね。
ファンも応援してるアイドルと接しているという感覚で応援している人が多い。ステージ上も客席も全員が楽しめるよう必死に楽しんでいるなあ、と思いましたね。まあ中には無茶な人もいるだろうけど(笑)。
ね、バンドブームといっしょでしょ(これは当時を知るおじさん向けね)? こんな話もファンの皆さんからすればもうとっくに昔からそう思っていた、という話なんでしょうけど。でもねえ、その事情を知らない人間からしたらやはり衝撃的ではありましたよ。とはいえだからバンドは駄目だ、とかは思いませんけどね。バンドの中にももちろんガンガン盛り上げてたりしっかり売り上げを作っているバンドもいるわけで。
個々では面白い試みをしているバンドもいっぱいいる。
ただ無茶を承知で「バンド全体」、いわゆる「オノレで曲を作って複数で演奏するチーム全体」でどうなのよ? といえば正直新しい何かで大成功してるバンドはなかなか出てこないし、シーンとして停滞しているのは認めざるを得ない。
そのうちこれを突破するような形で何かしらのシーンも出てくるような気もするけど…いやそれより新しい形で凄まじい動員や売り上げ、TVで音楽情報を知るような人まできっちり影響力を持ったバンドが出てこない限りはなかなか突破しにくいかもなあ。
アイドルにせよ、いわゆる同人音楽であったりにせよ、これまであまり関わってこなかったものにちゃんと目を向けて音を聴いて調べてみると、学ぶところが本当に多いね。
特にアイドルのステージには唸らされた。場内満員のZEPPで複数のアイドルが出て、そのトリでスマイレージが出て来てMC一発、「今日はたくさんのアイドルさんが出演してて、たくさんのファンの皆さんが集まっていて。そんなここにいらっしゃるいろんなファンの皆さん全員をスマイレージのファンにしたいと思っています」と言うんだよね。今、ライヴハウスの通常ブッキングでこれをちゃんと言えるバンドがいくつあるよ? と思った。しかもスマイレージ、ステージングも歌もプロだったしねー。もうあまり積極的にロック・フェスに行きたい! とは実は思ったりしてないんだけど、“Tokyo idol Festival 2012”には行きたいねえ。見たことないアイドルいっぱいいるからねえ。

で、そんなアイドル自体ももちろんだけど、お会いしたスタッフの方々もそれぞれ全くスタンスが別で面白かったな~。もちろん企業としてキッチリやっていって収支もちゃんとして、というスタッフの方も入れば、あまりに「そんなあなた無茶な!」みたいな人もいたりして。プロフェッショナルな人の話も面白いんだけど、あまりに「そんなあなた無茶な!」な人が面白いので匿名にしつつ書きますわ。ジャングルライフ的にはこっちのほうが面白いでしょ(笑)? とある地方のアイドルのマネージャーさんに会って、どこにでもあるファミレスで打ち合わせをしたのね。
まあその前段で、まずファミレスなので注文をするためにウェイトレスさんを呼ぶわけじゃないですか。そしたらそのウェイトレスが実はその会いにいったマネージャーさんがお世話しているアイドルのメンバー(笑)。まあそこから既にかなり無茶な! っていう話ではありますが、さらにこれまでのヒストリーを聞いてみたらこれがかなり大河ロマンといいますか、無茶な大河ドラマが(笑)。そんな大河をメンバーが運んで来たハンバーグを食べ食べ話を聞いたわけです。まずその女性が元は何をしてたかって言うと、役所の水道課で契約勤務。それをしながら市の青少年育成のためのイベント手伝いをしてたそうで。
で、その頃彼女の知らぬところで市の偉いさん同士が「最近地方でアイドルを作ってPRとかさせたりするのがあるらしいぞ、うちでもできんかな~?」という話になって、市のあちこちの人に「やらないか?」と声をかけていたそうなんだけど、にべなく断られていたそうなのね(いきなりだもんなあ)。で、丁度契約が終わって暇になっていた彼女の元にも話が来て。でも彼女だけは何の裏付けもなく、「やりましょう。」と言っちゃったらしいんだなあ。それは仕事がなかったから? と聞いてみたら、「いえ、なんとなく『できる』と思っちゃったんですよー。」と(笑)。

とはいえアイドル育成の経験なんてあるわきゃあない彼女、しかも引き受けて2月後(!)の市の夏祭りでいきなり初ステージを行うことが決定して、さあ大変だ、どうしようといろいろ考えて、「曲を作らないと!」という話になったそうであります。俺は彼女に聞いてみたんですよ、あなた元々音楽を何かされていたんですか? と。そしたら「いえ、リコーダーくらいですね」とキッパリ。じゃあどうしたんよ、と聞いてみたら、「一晩中曲を考えて考えて、そしたら下りて来たんです! 詞と曲が!!」と(笑)。それで彼女すぐ青少年育成仕事で知り合いになっていた、音楽教室で楽器を弾いていた先生のところに飛んでいって、「先生! この曲を譜面にしてほしいんですっ!」って言ったらしいんですなあ。先生もいい人で引き受けてくれたらしいんだけど、その譜面に起こす方法が、

「頭に残っていた曲を目の前で何度も歌って譜面にしてもらった」

そうであります。無茶苦茶すぎ(笑)。録音して持っていったらいいじゃん! といったら「今思えばそうですよね~」ですと。ゆとりか!!

さらに、そんな無茶が通ってようやく曲ができる段取りになってハッと気がついたことが

「メンバーどうしよう」

だったそうな(笑)。まだメンバーいなかったのかよ!! で、町にあったダンススクールやらなんやらでわらしべ長者のように「かわいい子いない?」と聞いて回って、様々な人の協力もあってようやくメンバーが決まり、今度は、スタイリストとかメイクどうするよ! という話になったそうで、予算もないしどうしよう、と考えて考えてまた彼女ひらめいた訳です。

「妹が美容師やってまして」

家族か(笑)! ま~この妹もいい人で引き受けてくれたそうで(いい人いっぱいやなあ、この町)。無事曲もメンバーもスタイリストも決まって、さらにダンスのレッスンもアイドルのロゴもホームページも協力者が現れたおかげで初ステージはなんとかやり遂げたそうであります。なんというDo It Yourselfアイドル道! 無茶! ここから先もまだまだ茨のような無茶話が続くのですが、そこは割愛させていただいて(5回くらいまた無茶な! っていう話があった)、彼女の話を聞いていて、ずっと思っていたことがあったのでズバッと聞いてみたんですよ、「もしかして、あなたがアイドルになりたかったんじゃないですか?」と。そしたら彼女ニコニコしながら携帯出して来て、画像を見せてくれたんだけど、それが、

「へへへ、もうスペシャル・ユニットで妹と2人でステージ立っちゃいました。」

ていう。ズバリかい!! でもねえ、話を聞いていてなんか嬉しくなりましたわ。まさしく地方のPRらしくはある。バクチ打ってそれが普通実現不可能なのに、町のいい人たちの協力で見事やってのけるアイドルとマネージャー。で、今後の活動とかも聞いてみたわけです。盛り上がりつつある地方アイドル状況の中でこのアイドルを今後ドーするのか? と。そしたら彼女、キッパリといいましたね、

「えー、うちらは家庭や学校優先ですからそういうのが都合がついたときにイベント、出る感じかなー」

…えー、いわば「メンバーの都合が付けば会えるかもしれないアイドル」というわけですな。ゆとりか(笑)!! でもねえ、このチーム最近さらにちびっこのチームができてるんだよなー。応援したい、個人的に。いや、応援するしかないじゃないスか、マネージャー込で(邪道)!

というわけで今回はとある地方アイドルのマネージャーさんについてのお話でございました。あのー、先日エンターブレイン社様より発売されている書籍「全国あいどるmap 2012-2013」製作委員会の方とお会いして、この話をしてみたところ、「いやいやそうなんですよ、面白いんですよ実はスタッフも(笑)。」とおっしゃっていたので全国各地で無茶!、かどうかは知らないけどかなりの猛者がいらっしゃるようでございます、アイドルのスタッフの皆さん。そういう猛者の話を聞いてみたいよなあー。そんな今月でございました。ああ、Rhymeberry、いいわ~(今日買ったとこ)。

banner_228 new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj