全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

吉田健児(元行政書士)の歌うたいのプチ法律講座? 第7プチ ~ 時効ってなあに?~

依頼人や、友達とか含めて一番相談受けたりしたのが「お金」に関するものだったのね。以前書いた「保証/連帯保証」についても相談多かったけど、やっぱりメインのトラブルが「お金」の貸し借りとかになるかな。

債権回収とかって言うよね。僕はいわゆる消費者金融からお金を借りた事ないけど、大学の時の奨学金は借りてたんよね。
あれ結構キツイよね。なんつーか、学生が社会に出て頑張るぜって時にすでに借金を数百万背負ってるってのはキッツイよ。いや、もちろん借りたわけやから仕方ないんやけどね(笑)

今の時代、消費者金融でお金を借りるのも手軽やし、もちろん便利な局面もある。無人の消費者金融とかもあるよね?あれどうなってるんやろうね(笑)
クレジットカードで分割払いも出来るし欲しいものが買えて便利だったり。
僕はスマホやPCとか、いわゆるガジェット系が好きで色々欲しくなっちゃうんよね。VRとかそうゆうゲーム系には手を出してないけど。
ハマるのが目に見えてるから時間を無限に吸い取られそうで怖くて。
絶対ハマるよあんなん。老後はゲームに溺れたい。。。

iphoneの新機種が出るたび、何か理由つけて「欲しい!」ってなるしさ。
こないだなんてipad proを無茶苦茶な理由つけてGetしたよ。
「ipad proがあればメモ帳がいらなくなるぞ!」→メモ取る事なんて皆無「ipad proがあればお絵描きも出来る!」→絵なんて日頃一切描かないせっかくやから描いてみたけどね↓↓ひどい出来だ。

 

 

まあとにかく色々魅力的なものが溢れてるから、お金を借りたりしてでも欲しい!ってなる気持ちはわかる。でも当然借りたら返さなきゃならない。
それ故に、貸し借りによるトラブルってあとを絶たないんよね。

さて、『時効』ってものを聞いた事があるだろうか?
まああるよね。例えばお金の貸し借りに関して言えば、
・借金は通常5年又は10年経てば時効により“消滅”する。

5年で“消滅”するのはざっくり言えば「仕事上でお金を貸した」「仕事上でお金を借りた」って場合。
僕らが普通に友達同士とかでお金を貸し借りする場合は10年。10年ほったらかしになってたら時効消滅する。
※消費者金融から個人がお金を借りた場合→時効は5年
これはわかる。上記の通り「仕事上でお金を貸した」に当てはまるから。
※信用金庫から個人がお金を借りた場合→時効は10年
あれ??信用金庫も「仕事上でお金を貸した」に当てはまるから5年じゃないの?と感じるが、裁判所が「お金を貸すことは信用金庫の業務には当たらない。」と判断したから時効は10年。ちょっぴりややこしいでしょ。

実は結構ややこしい分野なので、今回は“友達同士、知り合い同士でのお金の貸し借り”に絞って軽く見て行こう。

さて、パチンコに溺れた吉田がスタッフのMさんからお金を借ります。
吉田「おい!3万円貸してくれよ!パチンコだよパチンコ!」
M「いいぜ!貸すぜ!増やしてこいよな!今夜返せよ!?」

それから10年ちょっと経ち。。。時効成立!吉田は3万円を返さずに済んだ!
めでたしめでたし!
簡単に書けばこうなる。
吉田としてはこれでハッピーエンド。しかしスタッフのMの立場になればやってられないよね?
スタッフMはどうするべきだったのか?

ここで大事な事が「とにかく借金から逃げ続ければ、時効が成立するとは限らない」って事。
例えば、吉田がスタッフMから1000万円借りて豪遊し、その後山に10年間こもって居場所を隠す。10年後に野人のような姿で現われて「もう返さなくていいもんねー時効だもんねー!」となるのか?

答えは、お金を貸したMの行動次第。
『時効の中断』という必殺技がある。時効の中断とは、“時効の進行を止め、それまでの時効期間の進行を全てなかったことにする”というもの。

『時効の中断』とは具体的には、
裁判上の請求したり借用書へのサインさせたり、1円でもいいから一部を返済させたり、差し押さえしたり。とか。吉田が山にこもってるから取れる行動は限られるが。

今回の例ならば、吉田が山にこもり1年経った時に、Mが必殺技『時効の中断』を放っていたとする。
そんな事も知らない吉田は、先の例と同じように、お金を借りてから10年後に野人のような姿で現れて「もう返さなくていいもんねー時効だもんねー!」と喜んでいる姿を見ても、Mは「いや、時効成立までまだ1年あるよ。」とニヤニヤ出来るってわけ。

『時効の中断』って必殺技を放ったことで、それまでの1年間が帳消しになり、新たにそこから10年後に(つまり貸してから11年後に)時効が成立するってことになったわけ。

こういう時効って何故あるのだろうか?
“権利の上に眠るものは保護に値せず”って考えが根底にあると言われる。
お金を貸した側も、なんの対策もせずにほったらかしているのなら、法は手助け(保護)しませんよって感じかな。

なので、様々な人たちと関わりながら、様々な出来事に遭遇しながら僕らが生きていく上で、やはり最低限の法律知識はあった方がいいよね。『保証/連帯保証』とかでも以前書いたけれども身近によくあるトラブルなのでこの機会にちょっぴり知っておこう。

ふ~そろそろレコーディングが始まる。頑張っちゃおうかなー。

 

■プロフィール
吉田健児
ロックを基調にシンプルかつ印象的なメロディーを紡ぐシンガーソングライター。ふてぶてしくも古き良きロック魂を漂わせる佇まいがライブハウスシーンやレーベル等業界の重鎮達からも注目を集める中で西原誠(ex.GRAPEVINE)に見初められ、2016年7月にGt.西川弘剛(GRAPEVINE)参加曲含む、初の公式音源となる1stalbum『forthemorningafter』をリリース。

■WEB
Official Site

吉田健児の作品をAmazonでチェック!!

 

banner05