全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

吉田健児(元行政書士)の歌うたいのプチ法律講座? 第13プチ

第13プチ 〜ケッコンってなに?〜

禁煙してからもう2年くらい経つかな?
特にタバコやめようって意思があったわけでもなく、VAPEってのに乗り換えただけなんやけど。日本ではまだあんまりいないよね。VAPEショップが色んなとこに出現し始めてるから普及はしつつあるんやろうけども。仲間のドラマーさんにVAPE教えてもらってから、一切タバコ吸ってない。快適快適。

VAPEって電子タバコって日本では言われちゃってるけど、いわゆるタバコとは全く違って煙じゃなく蒸気を吸ってるだけなのね。香り(味)のついた蒸気。加湿器からぶわーって出る蒸気吸ってるようなもん。
とまあVAPEの事はどうでもいいんやけど、吸って吐いたら口から蒸気が出るのでまるでタバコの煙のように見えるのよね。なので、店行っても一応喫煙ルームでしか吸えない空気。もうあのタバコの臭いとか煙とか勘弁!って感じなんやけど、喫煙ルームいくしかないのよね。「違います!これVAPEです!ただの蒸気ですよ!?」って言っても伝わらんやろうしね。
“VAPE、始めて見ませんか?”
ちなみに僕がずっと愛飲してるのは『Witchers Brew “BLACKBIRD”』
ちょい高級なリキッド。ウイスキーみたいでしょ。めっちゃ美味いよこれ。

 

さて、先日友人の結婚式にお呼ばれした
あんまり経験ないし基本的に僕は常識がないので、礼儀作法みたいなもんも全然わからず。とにかく「スプーンとかフォークは端のやつから使うべし」って事だけ頭に入れていった。音楽仲間大集合やったから、ちょっとナメてたんよね。どーせどいつもこいつも社会生活不適合者だろうって。意外とみんなキッチリしててびっくりやったけどね。

という事で、『結婚(婚姻)』とはなんなのか?について書いてみようと思う。

憲法24条1項
婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。

このように憲法に「両性の合意」と書かれているので、「同性婚」をめぐって色んな議論が起きてる。「憲法改正しないと同性婚は法的に成立しない!」とか、「両性とは、男女だけではなく女性と女性や男性と男性も含まれると解釈すればいい!」とか。
ってゆうか、この憲法が出来た時には同性婚って事自体がほとんど想定されてなかっただけでしょ?って感じなんやけど。

民法第739条
婚姻は、戸籍法の定めるところにより届け出ることによって、その効力を生ずる。

役所に婚姻届を提出し、受理されたら結婚成立って感じ。
とまあ、こんな風に規定されているわけ。

『内縁』って聞いた事あるだろうか?『事実婚』と言われたりするね。
最近、内縁や事実婚って言われる関係が増えて来ているみたい。

夫婦別姓の議論が高まったり、内縁関係が増えたり、いろいろな束縛が時間とともにガバガバになる傾向はあるよね(笑)
何故、夫婦同姓にしないといけないんだ!何故、同性で結婚できないんだ!何故、結婚をする必要があるんだ!みたいなね。悪い意味じゃなく、そうなっていく宿命なんやろうね。

事実婚(内縁)とはなんなんだろうか??
事実婚とは、婚姻届は出していないものの、実質的には夫婦同様の関係にある男女間の状態のことを言う。婚姻届を提出していないので、公的な手続面では法律的な婚姻関係にある夫婦とは区別されることが多くなるけれど、他人から見れば普通に夫婦関係に見えるし本人たちも夫婦関係のつもりって状態。

事実婚のメリットは、姓の変更をしなくていい事。
夫婦関係を解消しても戸籍に記載されない事。(届出婚の夫婦が離婚した場合には、それぞれの戸籍に離婚した旨の記載が残る)。ま、当たり前のことよね。

では、事実婚のデメリットはなんだろうか?
詳しいところまではここでは書ききれないが、事実婚ってものは法的に結構保護されるようになって来ている。婚姻届出してないから法律的な婚姻関係じゃないけれども、なるべく同じように扱ってあげましょうよって感じ。
だがしかし、決定的に違うのが相続に関する事。

事実婚の夫婦は、互いに法定相続人とは扱われない。そのため、一方が死亡した場合、他方が相続できないという事態になる。これは遺言である程度対応することは可能。ある程度はね。とりあえず、現在の法制度では事実婚は相続において圧倒的に不利になってる。

子供が生まれた場合、子供は母親の戸籍に入る。そのままだと父親が空欄のままになるので、父親が認知届けを出すことにより、子供と父親との法的な関係が出来上がる。でもそんな風に、子供と父親との間に法的な関係が出来上がっても子供の姓は母親の姓のまま。もし、父親の姓を名乗らせたい場合は父親がその子を養子にすることで、子供は父親の姓を名乗ることが出来る。

ね、ややこしいしちょいメンドくさいでしょ?(笑)
人それぞれ自由なので、メリットデメリットとかを分かった上で選択すればいいよね。決めては、相続と子供の事かなあ。配偶者控除とか使えないとかも大きいけど。上にも書いた通り事実婚でもまあまあ保護されるのよね。

豆知識として、あまり日本では一般的じゃないけれども夫婦財産契約というものがある。法務省調査によると日本で夫婦財産契約の登記は10件くらいらしい。
夫婦財産契約とは、結婚前に夫婦間の財産関係について決める契約のこと。
結構シビアな契約なのよね(笑)
例えば、「離婚時に夫が妻に支払う金額の上限は〜円とする」「婚姻後1年以内に離婚した場合は財産分与を行わない」みたいなね。
ちょっと日本人の感覚に合わないし実際使い勝手が悪いと言われるのでほとんどの人がやっていないが、きっちり契約を結んでから結婚する人もいる。
ま、自分たちの好きなスタイルで自由にしてくれお幸せに(笑)

 

 

■プロフィール

ロックを基調にシンプルかつ印象的なメロディーを紡ぐシンガーソングライター。ふてぶてしくも古き良きロック魂を漂わせる佇まいがライブハウスシーンやレーベル等業界の重鎮達からも注目を集める中で西原誠(ex.GRAPEVINE)に見初められ、2016年7月にGt.西川弘剛(GRAPEVINE)参加曲含む、初の公式音源となる1stalbum
『forthemorningafter』をリリース。

http://kenjiyoshidamusic.com/

 

吉田健児の作品をAmazonでチェック!!

 

banner05
banner_228 banner_top 浅井製作所 NCIS_banner4 new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj