全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

Disc Now 音楽関係者が本気でお勧めする1枚!!

Title : 『Some Glastonbury』

Artist : The Echo Dek

シューゲイザーでもなく、ラウド系や直球的ロックでもない「ちょっとひねりがあってオシャレな英詞バンド」のシーンが最近徐々に盛り上がってきている気がする。大きなジャンルに分ければオルタナやニューウエーブ、ブルックリン勢やフレンチロック、ネオアコ、ポストエレクトロあたりに属するのだろう。このThe Echo Dekも、まさにその辺りの立ち位置にいるバンドである。
今作も私がRec、Mix(Remixを除く)マスタリングを担当したが、彼らの世界観を考慮し「いかに欧米大手スタジオで録ったような質感が出せるか」を重視した。Vo.野呂昌生の声質がスクリッティ・ポリッティを彷彿とさせるのにも注目だ。世界最大級の音楽フェス“Glastonbury”に引っ掛けたアルバムタイトルからも想像できる、洋楽のカラフルで個性的なロックチューン満載の本作。洋の東西を感じさせない魅力的な一枚だと思う。

レビュー執筆者:樫村治延 プロフィール:スタジオチャプターハウス / Whirlpool Records代表兼エンジニア。本誌WEB版にてコラム「セルフRECはプロRECを超えられるか?」連載中。音楽制作専門誌「月刊サウンド・デザイナー」でも執筆の他、専門学校講師も務める。