全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

Disc Now 音楽関係者が本気でお勧めする1枚!!

Title : 『Coming new ground』

Artist : GalapagosS

2015年8月より、小林写楽(Vo./G./Prog.)+ゴキミ。(Ba.)のオリジナルメンバーに加え、鍵山喬一(Dr.)+多奈部聖士(Key.)をサポートメンバーに迎え、精力的にライブ活動を行っている「GalapagosS」。
今ではすっかり4人編成のバンドのような一体感を持ち、ステージをこなすことでしか鍛え上げられないビートを体得。そのスリリングなプレイをこのアルバムにパッケージしました。
オリジナルパンク〜レイト80’sスタイルを彷彿させるメロディアスなロックをベースに、シンセサイザーやゲームボーイ音源(!)までを導入。ニュー・ウェイヴやチップチューンの断片もちりばめたユニークなスタイルを作り上げ、まさにタイトル通り「新天地を開拓する」躍動感とスケール感が溢れる1枚となっています。
また、写楽による日本文学のスタイルを取り入れた歌詞も、サウンドの持つセンチメンタリズムを増長!

レビュー執筆者:三浦俊一
ビートサーファーズ代表。ポスト・プログレ・バンド「NESS」のギタリストかつポスト・パンク・ユニット「COTO」のシンセ+ベース担当。筋肉松推し。