全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

Disc Now 音楽関係者が本気でお勧めする1枚!!

Title : 『PIT VIPER BLUES』

Artist : T字路s

約2年ぶりとなる2ndアルバムをリリースするT字路s。
ロングセラーとなった2017年3月にリリースした1stアルバムとはうって変わり、ほとんどの楽曲が伊藤妙子(Vo./E.G./A.G.)と篠田智仁(E.Ba./W.Ba.)の2人でレコーディングされた。
わたしもあなたも誰もが歩んでいる何てことのない日常を、2人だけのシンプルな構成で歌い上げている今作。
そこでは力強いヴォーカルとギター、ベースが響いていて、「泣きたいのにおどけている 自分をだましてばかり」「どこへもゆけないのは 体より心のほう」(『暮らしのなかで』より)という言葉は、それこそ日々の暮らしのなかで忘れていた自分の気持ちに気づかせてくれて、ついつい涙腺が緩んでしまう。
あまりにも瞬時に心を鷲掴みにするので、できれば人目が気にならない場所で聴くことをおすすめします。
ゲストミュージシャンに佐藤良成(ハンバート ハンバート)らを迎え、またT字路sの代表曲「泪橋」の再録も含めた全11曲。

 

felicity
PECF-1165
¥2,700+税
2019/1/23 Release

レビュー執筆者:SPACE SHOWER MUSIC 宮治 2019年の抱負:締切厳守。