全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

Aftertalkのエクストリーム人生 Vol.3

こんにちは! 今月で三回目の連載になります、Aftertalkです。もうそろそろ、名前くらいは憶えてくれていると信じて自己紹介はもうしない。東京を生息域とするバンドであることだけに留めよう。実際そんなことはどうでも良いのです。何故なら本題はエクストリームを紹介することなのだから!

と言うわけで今回はバンドマンらしく音楽に係るエクストリームを皆様に。テーマは「声」に関するエクストリームな一品!

「響声破笛丸」

AF写真1

どうよ、これ。あまりにも強そうな名前ですよね。こいつ、RPGの必殺技みたいな名前してますけど決して侮れないやつなのです。

中身としては漢方になるのですが、この効き目がとても助かる物になります。パッケージから拝借させて頂くと「しわがれ声、咽喉不快の解消」といった所でしょうか。

ボーカルは声が命です。なので何時如何なる時でも万全の状態にしておかねばなりません。しかし、現実問題生ものである我々人間はどうしたって好不調が起こってしまうわけです。

「あぁ、今日は大事なライブなのに…、なんでこんな日に限ってガラガラ声なんだ…」「うっ、度重なる疲労で声が出ない…、誰か、伸びやかな高音を俺に…」

絶望的な状況だと言えるでしょう。こんな時、少年漫画であれば「俺に構わず先に行け!」と言えますがバンドはそうはいきません。どれほど体調が悪くても、どれほど声が出なくても弱音を吐いてはいけないのです。

そういう時こそ「響声破笛丸」の出番!これを飲んでしばらくたつと…、こ、声が出る! 詰まっていた高音がなんとスラリと出てくるではないですか。

飲んだらその後からずっと声が綺麗というわけではありません。基本的には用法用量を守って服用する漢方なのですが1ステージくらいなら喉が輝きを放ってくれるのです。

かくいうAftertalkのVo.永井も先日の九州ツアーでは何度助けられたか。

まぁ、こういう話を他の人にするとですね、「怪しい薬なんじゃ…、変な名前だし」とか思われることが多いのですが、紛うことなき「漢方」ですのでご安心を。ただ、漢方でも体に合わない方もいるとのことですので、副作用が出たりしたら絶対にやめること! この記事は安易な服用をお勧めするものではありません!

ちなみにAftertalkのVo.永井は、その他マヌカハニー、生姜湯、ボイスケアのど飴、牛乳、と言った物をお守り代わりにしております。特にレコーディングの際には何故か必ず牛乳を飲んで歌っています。何故か音程と響きが良くなります。馴染みのエンジニアさんには「永井君! それ、絶対精神的なやつだよ!」と度々突っ込みを受けておりますが、多分その通りですね。

はい! というわけで今月のエクストリームな一品は「響声破笛丸」でした。何かあった時の為の最後の切り札として持っておくと意外と助かるかもしれませんよ? この記事が全国の悩めるボーカリストたちの助けに少しでもなれたなら…。

また来月もお会いしましょう! Aftertalk、頑張ります!

 

■ライブ情報
6/22(水) 渋谷TSUTAYA O-Crest
7/16(土) 渋谷Star lounge “Aftertalk×NYF企画”

more info→http://aftertalk.info/

無料音源ダウンロードページ

 

banner05