全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

ミュージックヒーロズ 野口健作の音楽業界「喝・活・勝!!」vol.8

banner-umbloi•ÒW—pj

日本音楽の歴史を紐解く旅 〜ミュージック温故知新〜

野口さんプロフ【空前の陽水ブームとなった74年!!】井上陽水は、今でも日本のトップを走るシンガーソングライターである。この年は、なんと『氷の世界』『陽水ライヴもどり道』『断絶』『陽水IIセンチメンタル』と4枚ものLPが年間トップ10にランクインすると言う快挙を成し遂げている。その他には、かぐや姫、小椋佳などまさに日本のフォークを代表するアーティストが台頭した年でもあった。洋楽では、カーペンターズとグラシェラ・スサーナが入っている。また、8月には、史上初となる日本のスタジアムコンサートを西城秀樹が大阪球場で開催している。一方、海外に目を向けてみると、ドラッグ中毒から復活してマイアミで録音された、エリック・クラプトンの『461Ocean Boulevard』は、リラックスしたクラプトンスタイルの音楽の始まりだとも感じる。また、キラー・クイーンの大ヒットを受け、クイーンが大きく羽ばたき、酒とドラッグ漬けのジョー・コッカーが復活。早々たるメンツのミュージシャンを従えて名作アルバムを発表するのもこの年の大きなニュースと言える。そして、アルバムチャートの上位は、Genesis、Roxy Music、Brian Eno、Kraftwerk、Bob Marley&The Wailersなどが顔を揃える。そこで、読者にお勧めのアルバムはと言えば、ボブ・ディラン『プラネット・ウェイヴズ』ビリー・ジョエル『ストリートライフ・セレナーデ』サンタナ『ロータスの伝説』ジョン・レノン『心の壁、愛の橋』キャロル・キング『喜びにつつまれて』ライ・クーダー『パラダイス・アンド・ランチ』は是非とも一度は聴いてほしい名作です。最後に、この年のトピックスを、フィリピンのルバング島で小野田元少尉を発見、帰還を果たす。8時だよ!全員集合で、ドリフターズのリーダーいかりや長介が荒井注のドリフターズ脱退と志村けんの正式加入を発表。永谷園の「あさげ」が発売された。インスタント味噌汁は画期的ですよね(笑)    編集者:野口健作

noguti

alfee
▲ALFEE


▲ふきのとう


▲四人囃子


▲テレサ・テン


▲友川カズキ


▲甲斐バンド


▲トランザム


▲太田裕美


▲葛城ゆき


▲久保田麻琴と夕焼け楽団

banner_228 new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj