全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

ラックライフ Vo./G. PONのお宝自慢 Vol.3

大阪・北摂出身、同じ高校のクラスメイトで結成された4ピースバンド“ラックライフ”。飾らずに感情を爆発させる熱いライブパフォーマンスで観客 を魅了、支持を拡大し続けている彼らがJUNGLE☆LIFE誌上で連載をスタート!Vo./G.PONの“お宝自慢”と題された本連載で、はたしてどんなお宝が飛び出すやら…? 第3回はPONの愛する自転車“ハマちゃん”についてのエピソードが語られる。
 
 
どーもこんにちわ〜ラックライフのPONですよ〜。
このコーナーも3回目、だんだん板に付いてきたんじゃないの? どーなの? どーでしょ〜。
このコーナーでは、ラックライフVo.PONの大事な宝物をご紹介して参ります。第三回目のお宝はコチラ!!

【愛チャリハマちゃん】

愛チャリハマちゃんででーん! そうです、見てお分かりの通り、自転車です。ハマちゃんです(安易)。
普段から乗り回してる相棒、出会いは24歳の誕生日。もーすぐ2年ぐらいたちますね。ハマーのミニチャリ7段変速付き! 基本的に、ってゆーか、常に7ですけど(変速の意味)。
大阪にいる時の移動は9割8分ぐらいでこいつで街を駆け抜けております。しかもなかなかな距離を行きます。平気で一日20キロ移動したりします。もうね、お尻が悲鳴をあげますよね。あと、後輪の泥除けがちっさくて、雨の日乗ると結構なレベルで背中びしゃびしゃなります(まあまあ悲惨)。

なんで自転車が宝物かって、そりゃ誕生日プレゼントでもらったから。だけじゃないですけど。誕生日プレゼントでもらうぐらいやから、そんぐらい日々自転車に乗ってたんですね、僕。(笑)。

なんでそんなに自転車に乗るのかって、気になります?
お答えしましょう…。
ズバリ!!!!
【それしかないから】です!!!! (革命的)
昔はバイク乗ってたんです、高校生の時張り切って免許取って、先輩に安くで譲ってもらって。それはそれは便利でした、夜中の勢いで琵琶湖に向かう事もありました(夏休みに3回ぐらい)。
そんな時、悲劇は起きました。

【盗まれました】

警察にもゆって、いろんなとこ探してはみましたが、出てきませんでした。悲しみに暮れながらも、僕はまた新しいバイクを安くで譲ってもらいました。盗まれたアイツの事も忘れて、いや、忘れたくて、僕は走りました。すると、ある日事件が起きました。

【盗まれました】(悲劇すぎ)

しかも実家で。そんな事あります? おかんが家でバイクが走り去る音聞いてたって。そんな事あります????

そんな悲劇を繰り返した僕は、もう諦めました。どこへ行くにも自転車、隣の隣の市の友達の家だって、ライブハウスだって、一時間かけて遊びに行きました。
そーやって、僕はMr.タフネスへと進化したのです。

さて、ここからが本題ですね。前置き長すぎですね、すんません。
僕がなんで自転車に乗るかって、すきなんです、よーするに。
速く走るでもなく、体を鍛えるでもなく、ただ目的地に向けてだらっだら漕ぐのがすきなんです。
ぼけーっとしながら、鼻歌まじりに、人間観察しながら。
自転車に乗ってる時が、一人の時間で、心の中を整理する時間。あーだこーだ考えながら、遠回りして、たまには寄り道して、夕焼けぼーっと眺めたり。あの時間がなけりゃ、僕はパンクしてまうんちゃうかなーと思います。

【夕焼けポイント】

夕焼けポイントラックライフの曲は、ほとんどが自転車漕いでる時に生まれてます。
寝起きでスタジオ行く道、いややな〜ってバイトに向かってる時、友達とくだらん事して遊んだ疲れた帰り道。なんのけなしの鼻歌が、おっ、これえぇ感じやん。ってなって、自転車漕ぎながらボイスレコーダーに録音。帰ってギター弾く。
歌詞だって、ほとんど自転車で書いてます。いろんな景色を見ながら、いろんな人の顔を思い出しながら。流れてる景色を見ると、脳みそが活性化されるって、誰かがゆってたんですけど、誰ですか? 知りません?

 

 

 

 

【頭の上のモノレール】

頭の上のモノレールなので、1日20キロ自転車こいだとしても、音楽とか聴きません。自分の鼻歌がBGMです。人通りが少なければ少ない程驚異的な音量になります。
一時期はね、ウォークマンで音楽聴きながら自転車乗ってたんです。それはそれは幸せでした。僕ね、ウォークマンとかで全然音楽聴いた事なかったんですよ、てゆーか持ってへんし。
あれ、めっちゃいいすね!!!!!
脳みそに直接音楽だけが届く感じってゆーか、景色なんかも曲によってむちゃくちゃ変わるし、すげーー!! 音楽すげーーー!!! と、とてつもなく興奮しました(20歳ぐらいの時)。
でもね、あれね、とてつもなく幸せなんですけどね、あれするとね…

【曲が全然生まれない】(最大の悲劇)

悲しみに暮れました。音楽聴きながら自転車って、あんなに幸せやのに。秦基博聴きながら下る坂道とか、aiko聴きながら帰る月がキレイな夜とか…(涙)(涙)(涙)。
もう僕は諦めました。この幸せを、ラックライフの音楽で誰かに味わってもらうためにと、もっともらしい理由をつけて。

でもやっぱね、それを想像しただけで頑張れるんですよね、踏ん張れるってゆーか。自分たちの音楽が、そーやって誰かの日常に溶け込んでると思うと。誰かの景色を変えたりしてるんかな〜って思うと、凄く不思議な気持ちになります、今でも、やっぱり。僕が1人自転車で歌った鼻歌が、誰かの世界に色を付けてる。そんなワクワクする事ないですよね。てゆーか自転車すきやから音楽聴けんぐらいどってことないんですが。

自分と向き合う時間、誰かを思い出す時間、音楽を生み出す時間。
そんな時間を、僕は自転車と過ごしてます。意味もなく乗りたくなるし、遠征から帰ってきたら乗るのが楽しみやったりもする、相棒、ハマちゃん(呼んだ事ない)。

あ、『弱虫ペダル』(マンガ)で読んだんですけど、サドルは高めの方がいいですよ。力の入り方が全然違うみたいです。僕もむっちゃ上げました。めちゃ速なった。

では、そゆことで。

 

■リリース情報

LUCKLIFE_JACKETNew Single
『ハルカヒカリ』
I WILL MUSIC
XQML-1001
¥800(+税)
NOW ON SALE

 

 

 

■ライブ情報

ラックライフ presents “GOOD LUCK vol.30"
11/22(土) 渋谷TSUTAYA O-Crest

ラックライフ presents “GOOD LUCK vol.31"
11/24(月) 名古屋APOLLO BASE

ラックライフ presents “GOOD LUCK vol.32"
12/06(土) 大阪LIVE SQUARE 2nd LINE

ラックライフ OFFICIAL WEBSITE  http://luck-life.com/