全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

ラックライフ Vo./G. PONのお宝自慢 Vol.5

大阪・北摂出身、同じ高校のクラスメイトで結成された4ピースバンド“ラックライフ”。飾らずに感情を爆発させる熱いライブパフォーマンスで観客を魅了、支持を拡大し続けている彼らのJUNGLE☆LIFE誌上連載! Vo./G.PONの“お宝自慢”と題された本連載で、はたしてどんなお宝が飛び出すやら…? 第5回はまさかの“自分自身”というテーマの下に、PONという人間がいかにして作られたかが語られる。

JUNGLE LIFEをご覧のみなさまこんにちわ〜ラックライフのPONですよ〜。ども。PONのお宝自慢、今回で何回目? 忘れちゃいましたね〜もはや。今回も私の大事な大事な宝物をご紹介して参りますよ。うふふ。

今回自慢したいのはっ! だだん!

【自分自身】

デス! なぬ! そんなのアリなのかっ! って感じですよね〜、でも僕の宝物なのでちゃんと自慢さしてもらいますね。

僕は大阪の北側、北摂とゆう地域に生まれました。父ちゃんと母ちゃんがいて、兄ちゃんが2人、妹が1人、猫が1匹の7人家族、自由奔放な三男坊でございます。3人目の男の子で、そいつはもう自由にのびのび育ちましたよ。そりゃこうもなりますわな。ガッハッハ。

 

【幼少時代のPON】

PH01_幼少時代のPONえぇ顔してますね、前歯ないし。高校の卒業アルバムとおんなし顔ですね(第1回お宝自慢参照)。

まあそんな裕福な家庭でもないし、てゆーかまあまあ貧乏やったし、気付いた時にはあんまり会話もなくなって、良い家庭で育ったとは言えませんねぇ。兄弟も全然仲良くなくって、もはや家に帰るの嫌な時期もありました。自分は必要ないんやって思った時もあったし、心配してほしくて何日も帰らん時もあったし。え、暗。なに。わろとけわろとけ(ガッハッハ)。

そこからいろいろありまして、高校卒業したぐらいからよーやく家族っぽくなったのです。ただいまってゆうよーになった。おかえりって返ってくるよーになった。それって、こんなに幸せであったかい事なんやな〜って思いました。今じゃしょっちゅう実家に帰っております。家族って素敵ですね〜。うふふ。

小学校ではやんちゃ坊主悪ガキ担当、卒業文集? みたいなの読み返してみたら『友達としたイタズラ』ってゆうタイトルでした。卒業文集にするタイトルじゃないですね。内容は夕方5時に学校に侵入してきもだめしした事、修学旅行で部屋抜け出して女子の部屋に遊びに行った事、ピンポンダッシュした事…。全部覚えてるからまたおもろいかったです。今はもうちょっとハードなイタズラしゃうぞ☆

 

【小学校の卒業文集】

PH02_卒業文集中学校ではバスケ部で3年間必死にやりました。吐くまで走ったし、辞めたいなんて200回ぐらい思ったけど、最後まで続けて良かったなあと思います。でも朝ごはんに食べたわらび餅がショットガンのように口から放たれた感触は忘れられません(ドドドドってゆった)。

部活を引退してからは毎日遊びました。公園通って、駄菓子屋寄って、近くの安威川でなにをするでもなく暗くなるまで(お宝自慢第4回参照)。謎にバク宙の練習したり、NARUTOの技出してみたり(八卦六十四掌がイチオシ)、3年間片思いして結局振られたり。ほろにが。せつな。そんな中学時代でした。

家から近くって、兄ちゃんの母校で制服があるからって理由で高校に入学。迷わずバスケ部に入ります。
軽音部の部室ライブに衝撃を受けて軽音部にも入部。ここでラックライフのメンバーと出会います。先輩に誘われて初めてライブハウスへ。衝撃の連続でライブハウスに通い出しました(お宝自慢第2回参照)。そしてバスケ部の練習にあまり行かなくなりました(それでもなぜかキャプテンになった)。

友達ともたくさん遊んだし、夜中にバイクで琵琶湖まで行ったり(1シーズンに3回)、仲良かった5人中4人が同じ女の子好きになったり、意味ない言葉が大流行したり。懐かしいな〜楽しかったのだ高校生活も。

なんとかギリギリで卒業して、アルバイトしながらバンドを続ける日々。一生懸命やってたら、いろんなとこにライブしに行くようになりました。CD作って、いろんなライブハウスで歌いました。そしたら、たくさんたくさん仲間ができて、何回も何回も一緒に音を鳴らしました。可愛がってくれる先輩も、生意気な後輩も、「地元盛り上げよーぜ!」って一丸となれる同世代の仲間もいます。『大阪の北側から。』ってゆうV.A作って、イベントやって、忘れられへん一日もみんなで一緒に作りました。

 

【大阪の北側から。ボーカル陣】

PH03_大阪の北側から数え切れへんぐらいの人の目を見て、歌いました。そしたら、全国各地いろんなとこに、ラックライフの音楽と一緒に生きてくれる人たちができました。「また仕事頑張れるわ〜!」とか、「テスト乗り切ります!」とか、「夢を追いかけて上京する!」って人までいました。ラックライフの音楽でほんまにそうなったんかはわからんけど、ちょっとぐらい背中押せたかなあって、嬉しくってむずむずしました。思い出してもむずむず(むずむず)。

そーやって僕は今まで26年間、たくさんの人と一緒に生きてきました。ただの生い立ちみたいんなってるけど、僕が自慢したい“自分自身”ってゆーのは、今まで出会ってきた人たちなんです。いろんな人と出会って、いろんな言葉を交わした。いろんな景色を見て、いろんな気持ちになった。そーやっていろんな人と、一人一人繋がって、いろんなモノを貰いました。いい事ばっかじゃなく、ムカついたり、嫌いんなったり、ケンカしたりももちろん。そんな事すらも、今の僕を作る一部なんやなあって。全部全部繋がって、“自分自身”が作られてるんです。

自分なんてとか、なんで自分はとか、しょっちゅう思うし、人が羨ましく見える事がたくさんあります。なんであの人みたいにでけへんかなって。でもね、この大っ嫌いな“自分自身”は、今まで出会ったたくさんの人から貰ったモノで作られてる。って思うと、ちょっとだけ、ほんのちょっとだけ、大っ嫌いな“自分自身”も、好きになれたんです。僕は。それは、今まで出会った人たち、言葉を交わした人たちが大好きやったから。大好きな人たちと一緒生きてきた自分なら、ちょっとだけ好きになれた。なんか、嬉しくなったし、みんなに会いたくなりました。

これが今回の僕のお宝自慢です。読んでくれたあなたにも、こんな自分嫌や〜嫌いや〜って思う事がもしあったなら、大好きな人の事思い出してみてほしいなあと思うのです。そっからほんまに自分の事好きになれるかは、自分次第ですけどね。

PONのお宝自慢! いかがでしたでしょうか〜なんと次回で最終回! 寂しい〜! もっとやりたい〜ねぇねぇジャングルライフさ〜ん。とかゆーてますが、最終回なので、来月も読んでねっ! ライブにも遊びにおいでなすって〜! ありがとうございました! また来月〜!

P.S. 10/15、ラックライフNEW ALBUM『正しい僕の作り方。』リリースです(テッテレー)。

 

■リリース情報

LLal_JK
4th Album『正しい僕の作り方。』
I WILL MUSIC
XQML-1002
¥2,400(+税)
2014/10/15 Release

 

■ライブ情報

「正しい僕の作り方。」ワンマンレコ発ツアー
“正しい僕の作り方。〜GOOD LUCK vol.30〜”
11/22(土) 渋谷 TSUTAYA O-Crest

“正しい僕の作り方。〜GOOD LUCK vol.31〜”
11/24(月) 名古屋APOLLO BASE

“正しい僕の作り方。〜GOOD LUCK vol.32〜”
12/06(土) 大阪LIVE SQUARE 2nd LINE