全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

残響レコード社長兼te’ギター河野のコラム「イメージを形に」vol.9

PH_kono 最近、なんだかいろんな仕事がありすぎて、バタバタな毎日を送っております。

たくさんの仕事をいただくのは嬉しいことなのですが、なんせ会社の人数が少ないもので、猫の肉球も借りたい感じです。

縁あってか、ギターを弾く仕事をいただくことになりまして、しかもアコースティックギターでの演奏で、仕方なく眠っていた倉庫からアコギを持ち出し、錆ついた弦を張り替えたところです。

 

 

 

IMG_5169

IMG_5170

このギターは、非常に思い出深いギターで、2年前にロサンゼルスに行ったときに、ナビの道が明らかに遠回りなので、裏道に入ったら間違えてしまって、地図を確認しようといったん止まり、建物を見たらなんと楽器屋さんがあるではありませんか! ミュージシャンが楽器屋を見つけた時の興奮と言えば、それは高まるものがあります! しかも、お宝の宝庫! 絶対に場所を教えてたくない! というか2度と行けない!(笑)。まるでガレージのような中古楽器屋に日本では絶対に手に入らないという楽器やアンプがたくさん! どうやら、店長に話を聞くと、オーナーがマニアックで、ロサンゼルスで一番の中古楽器屋にすると言っているそうだ。そこで、吟味して買ったアコギがこの1本です。音も良く、デザインも好きなのですが、なんとギターのネック側に穴が空いているのです(写真)。こんなギター見たことない! ブランドもよくわからないけど、オーダーでしか作っていないブランドらしく、ブランド名も聞いたのですが、忘れてしまいました。しかし、これどうやってライブやレコーディングで使うんだと思って、全然使っていなかったけど、せっかくの仕事なので今回は使おうと思っております。もし、このアコギでギターを弾いている人がいたら、僕だと思ってください! でも、いま一番欲しいアコギはMATONというメーカーのTOMMY EMMANUELさんとERIC JOHNSONさんの使っているモデルです。両方日本で買うと、合わせて120万円! 買えるか! ということで、誰か僕にアコギをプレゼントしてください。素敵な音楽と交換に!(笑)。

 

banner05
banner_228 banner_top new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj