全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

S.H.E meets Movies and Music Vol.19

はるうらら、こころはうらはら!
皆様ごきげんいかがでしょうか、S.H.EのVo&Gt.Yucciです!

新年度が始まりました!
東京は既に葉桜ですが母と電話したところ、私の地元岩手はまだ桜が咲いていないとのこと。

入学式といえば桜満開の中で記念写真!みたいな描写を漫画で見た時に
あれ?なんか自分達とは違う気がする…と思いつつこの歳まで生きてきましたが
そうだわこの時期桜なんて一ミリも咲いてないじゃん岩手!ということをやっと受け止めました。

そんなこんなで今月10日誕生日を迎えます。

年度の変わり目で嬉しい出会いがあった人、悲しい別れがあった人
新たな環境に飛び込んで頑張ってる人、早くも挫折しそうな人
いろんな人たちがいるかと思います。。。

自分だけでその道を歩むことを決めた訳じゃない人もいるかもですが
この先に行けば目指す未来に繋がるかもしれない、その可能性を信じることは素晴らしいことだと思います。

そんな生き方も素敵だねぇと思える素晴らしい映画を今回はご紹介です。

「プラダを着た悪魔」

構人気作だったのでご覧になった方も多いかと思いますがwikiからあらすじを…

名門大学を卒業し、ジャーナリストを目指すために田舎からNYへとやってきたアンドレア・サックス(アン・ハサウェイ)は、幸運にも何百万の女性の憧れとする仕事・ファッション雑誌『ランウェイ』の編集部へと就職した。しかもその編集長でファッション業界に対し絶大な影響力を誇る、ミランダ・プリーストリーのアシスタント職である。
だが、ミランダは自分の身の回りの世話をアシスタントに押し付けるなどの横暴を発揮する最悪の上司であり、今までに何人もがこの仕事を辞めていたのであった。ファッションには何の興味もなかった彼女であるが、本来の目的である文芸誌での仕事への足がかりとして、彼女の悪魔のような要求に耐えていく。

という感じですが

先に言っておきましょう。
アン・ハサウェイが後半めちゃくちゃ可愛いです。

最初はイモいかんじ、そこから最前線ファッション誌の編集社で働いていくうちにみるみる垢抜けていきます。
やっぱり綺麗な人はしっかり作りこむとより一層綺麗になるんだなぁと思いました。

ファッションってほぼ正解がないし、それこそ超パーソナルなものなので誰かがとやかく言うことはできないものなのですが
その世界で正解とされるもの、光となるものを作り出したり影響を与える存在もいます。

私は服飾大学に通ってましたが、その答え合わせをするような授業やリサーチなど重ねていく中で
時に「なんでこれが素晴らしいんじゃ」と一生疑問が消えないようなデザインや洋服もありました。

それでも、理解できる人たちは素晴らしいものだと称えそして憧れの衣を纏い、心を満たしていくのであって
その流行の最先端となって発信する立場ともなれば確固たる自信と経験がなければできないことですよね。

追求していくことに終わりを求めない
その精神が無意識のうちに備わっている人は一生輝き続けることができると思います。

もちろん理想ばっかりではうまくいきませんが。。。

絶対的存在がいて、その人に認めてもらえるように努力以上の努力を重ねる。
その人が何を望んでいるのか、その先の先を読むことってなかなか難しいことだけど実は結構求められることが多かったりして
それがうまくできる人ってのがきっと会社でも上の方へ上の方へ進んでいけるタイプなんじゃないかなぁと思いますね。

あとは映画中の言葉で
「君の生活が崩壊したら教えて。昇進の時期ということだ」みたいなセリフがあるんですが
なんだかすごく納得してしまった。

1歩進もうとしてるときって素の自分が生きる環境も1歩進もうとしてる時だと思うし、それを乗り越えた先でも信じて待っていてくれる存在が自分にとってかけがえのない存在になるんじゃないかなと思います。

あくまでも、持論ですけども。

またこの映画はKT Tunstallの主題歌から始まり、挿入歌もどれもグッとくるものばかりです。
サントラ買ってドライブBGMにしたいくらい。

それと、この映画について調べているうちにわかったんですが映画版と小説版でエンディングが違うそうなんですよね。。。
最近あまり活字に触れていないので小説も読んでみたくなりました。

誰だって努力は認めてもらいたいもの、環境を自分の望むものにしていきたいものではありますが
出会いが救ってくれることもありますし、あなた自身のことを見守っている人だっているかもしれない。

もしも今自分が置かれている状況にどうしてもついていけなくなったとき
この映画はその決断をするきっかけをくれる一つの道しるべになると思います。

決めるのはあなた。

その言葉は何よりも共感し、私の決断にもつながりました。

落ち着いた頃にまた見返してみようと思います。

 

 

■ S.H.E member
・Vo&Gt.Yucci 自分が本を出版するなら?→[タイトル]もふもふのすヽめ/[内容]かわいい、気持ちいい、悶絶を兼ね揃えた生き物やキャラを超個人的主観で紹介。
・Gt.Ryosuke 自分が本を出版するなら?→[タイトル]偉人に学ぶ生活時短テクニック/[内容]現代人より短い生涯には効率化の秘密があった?
偉人の発想力に学ぶ、日常にも活用できる時間短縮テクニック特集
・Gt.Seiji 自分が本を出版するなら?→[タイトル]飲食店バイトあるある/[内容]バイトとして接したお客さんや従業員に対してのあるあるをいっぱいのせる。
例・調理場の人の8割くらいは調理師免許持ってない。
・Ba.Kazuumi 自分が本を出版するなら?→[タイトル]世代別思い出のスニーカー特集/[内容]20代〜60代の世代にインタビュー&時代背景を振り返る(例 エアーマックス95 エアフォースなど)
・Dr.Kazuki 自分が本を出版するなら?→[タイトル]大人のカレー巡りの旅/[内容]全国のマニアックな名店のカレーをリサーチして紹介していく

 

■ Official website https://www.she-web.net

 

■ばくれつちゃんLINEスタンプ発売開始! https://line.me/S/sticker/3249366

 

■Twitter @strugglehead

 

■CD情報
5th Album【BUBBLES(バブルス)】9曲収録 ¥2000(税別) 型番:THPM-002 製造元:TastingHeadzProduction/brittford 販売元:Ultra-Vybe, inc.

 

リードトラック「hiria(ヒリア)」MV公開中!

 

4th album[ScHrodingEr](シュレディンガー)より「daub」MV公開!

 

4th album[ScHrodingEr](シュレディンガー)より「Dear my sun.」MV公開!

 

■LIVE INFO
2018.4.17 新宿WildSideTOKYO
2018.5.5 新宿Live Freak
2018.5.8 立川BABEL
2018.5.28 越谷EASYGOINGS

 

banner05