全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

S.H.E meets Movies and Music Vol.41

どーも!S.H.EギターのSeijiです!
常套句ですが、
 
 
暖かくなってきました!!!
 
 
最近はみんなで目に見えないものと戦う毎日ですね。
花粉だったり、ウイルスだったりと。
 
 
目に見えないものといえば、「音楽」だったはず!
なので今回は映画というより「音楽」にフォーカスを当てたドキュメンタリー映画をお勧めさせて頂きます。
 
 
 
 

映画『すばらしき映画音楽たち』オフィシャルサイト

 
 
 
 
今までで最大レベルのオススメです。
おそらく観たことある映画をもう一度見たくなることと
これから観る映画の自分への影響を変えてくれるか、もっと押し上げてくれるであろう映画です。
 
 
 
 

すばらしき映画音楽たち

 
 
 
 
まず今回ドキュメンタリーってことで僕がネタバレを気にする必要がありません。笑
最初は僕も何作か観たい映画を4本くらいチョイスして、
冒頭から途中まで観てつまんなかったら飛ばしながら観ようかな ぐらいの気持ちで再生を押しました。
それの一番最初がこの映画です。
開始30秒でお気に入りのヘッドフォンをつけました。笑
もし5.1chのハイレゾなオーディオがあるならそれで聴いた方が良いです。
冒頭からトンでもないんです。
ある映画音楽家が一本の映画の為にピアノに細工している所に着いていくシーンなんですが
 
 
そのピアノは外の空き地にあるガレージの上に固定してあって
そのピアノにワイヤーを固定して遠くまで繋げてるんです。
ワイヤーは貯水タンクに繋がれてたり、約1キロ先の森の木に繋がれていて
つまり、ワイヤーはその場所の空気の音も風の音も車の音も取り込んでピアノに戻ってきます。
そしてそのピアノを弾けばそれが混ざった音になります。
 
 
その音はドキュメンタリーだからって適当なマイクでその場で録ったものでなく
ちゃんとレコーディングした音で映画から出てます。
最高すぎる。脳汁プシャーでした。笑
 
 
そのピアノがただのこだわりだとしても、聴いてみたいと思うのは僕だけじゃないはずです。
そういうなんか映画の中で「不思議な音だな」と思ってるものなどの謎が解けるのがオススメポイントです。
音がちゃんとしてるって時点でドキュメンタリーの域は超えてると思うんです。
 
 
もう一つのオススメポイントはコメディライクに映画の歴史が知れること。
「ホラー映画の一番怖いとされるシーンに音楽がなかったら」みたいな流れがありまして
正直笑ってしまいます。
そのシーンに怖いと思われる音楽をつけるのにはこんな歴史があるんですよ。という感じのお話があったり
映画の一番最初に流れる映画会社の宣伝音楽は何かのボツ作品だった。とかの裏話もあります。
 
 
軽く流れを説明すると
映画の最初サイレント映画は映写機の音がうるさすぎるから音楽でごまかしていたところから
映画館に一人は作品中ずっとシアターオルガンを弾いてる人がいたのだが
サイレント映画のキングコングの時に初めて映画館にオーケストラを入れて演奏したのが映画音楽の始まり。
そして次に音楽にジャズが含まれるようになり、映画「007」でバンド音楽が入ってくる。
ここまでが1900年最初の方から1960年代の話です。
 
そこからシーンに合わせて不快音さえも使うような人が出てきたり
シーンに合わせてゴムボールと料理用のボールをぶつける音などを使う人が出てきて
それぞれの人たちが影響を受けあってすぐに取り入れていったそうです。
 
こういう流れを題材となる映画とそのワンシーンを入れながら伝えてくれます。
日本のテレビバラエティにも近い撮り方でした。
ただテレビとの違いはもったいぶらないでさっと教えてくれるところです。笑
 
 
 
これらに加え生のレコーディング風景だったり色んな名作の感動シーンを解説した後に
その感動シーンを出してくれるんです。
 
感動シーンだけ出されても意味がないと思う方もいるかもしれません。
これは一つの手法なのだと思いますが、
このドキュメンタリー映画の半分を超えるまで観れた人は
おそらく耳と目がすごく研ぎ澄まされるていく感覚になります。
多分、感動シーンのみで感動できると思います。
本当に、今まで観た映画をこの映画を観た後に観たかったと悔しく思います。
 
 
本当はまだまだオススメポイントが出てきますが
長い気がしてきたので最後にします。
 
 
「タイタンズを忘れない」という映画があります。
この映画はこのコラムのVOL.11で僕が紹介している映画なんですが
まず実話が元々あって出来た映画で、人種差別が普通にされていた時代で国が肌の色で差別をすることを禁じて
初めての白人黒人混合の高校フットボールチームが出来ることになるが
最初はいがみ合いになり、辞めていくもの出てきた。
だが徐々に理解し合い、お互いを高めあい最後に奇跡を起こした
という映画なんです。
 
この映画のことを取り上げているシーンがあったのですが
この映画のメインテーマを作った方は白人の方で、もちろん一生懸命作ったものではあるんですが
なんと当時のバラク・オバマ元大統領の勝利演説のエンドSEとして爆音で流れたらしいです。
オバマ元大統領の真意が映画の真意と混ざってそれを音楽を答えとして使用したのなら
こんなに素晴らしい言語は無いなと感じました。
とても感動的でした。
 
 
みなさん是非、いや今回は絶対観た方が良いと言わせていただきます!
僕がオススメした項目が良くわからなくても音楽ありきで観て感じて欲しいと思います!
 
それではまた!!
 
 
 
 
■S.H.E member
目に見えないものと言えば?
・Vo&Gt.Yucci:紫外線
・Gt.Ryosuke: ウィルス
・Gt.Seiji:おなら
・Ba.Kazuumi:γ-GTP
・Dr.Kazuki:Bluetooth
 
 
 
 
■ Official website
http://www.she-web.net
 
 
 
 
■ばくれつちゃんLINEスタンプ リリース中!
Ver.1
https://line.me/S/sticker/3249366
Ver.2
https://line.me/S/sticker/3269973
Ver.3
https://line.me/S/sticker/3734412
Vers-h-e-2564
https://line.me/S/sticker/4055016
Ver.5
https://line.me/S/sticker/4200420
Ver.6
https://line.me/S/sticker/4569959
Ver.7(丁寧Ver.)
https://line.me/S/sticker/6848338
 
 
■Twitter
@strugglehead
 
 
■CD情報
6th Album 【AtoZ-Anxiety to Zillion-】
8曲収録 ¥2,000+税
型番:SHE-104
製造元: brittford
販売元:大阪村上楽器
 
 
5th Album【BUBBLES(バブルス)】
9曲収録
¥2,000+税
型番:THPM-002
製造元:TastingHeadzProduction/brittford
販売元:Ultra-Vybe, inc.
 
リードトラック「hiria(ヒリア)」MV公開中!

 
 
4th Album【Schr?dinger(シュレディンガー)】
9曲収録?¥2000(税別)
型番:THPM-001
製造元:TastingHeadzProduction/brittford
販売元:Ultra-Vybe, inc.
※全国TSUTAYAにてレンタル中!※
 
 
4th Album【Schr?dinger(シュレディンガー)】より「daub」MV公開!

 
 
4th Album【Schr?dinger(シュレディンガー)】より「Dear my sun.」MV公開!

 
 
■LIVE INFO
[Think-alive Vol.19]
3/13 新宿Live Freak ※S.H.E主催東日本大震災チャリティイベント
 
3/19 立川BABEL
4/03 浅草GoldSounds
4/18 土浦LEO’s LIVE BAR(アコースティック編成s.h.eでの出演)
4/27 関内BAYSIS
 
 
 
 

new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj