全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

1st CONTACT Vol:222

JUNGLE☆LIFEが自信を持ってお勧めする、注目のアーティスト!
(画像はクリックで拡大)

GRASAM ANIMAL

PH_GRASAM
(クリックで拡大)

粗くて雑多で向こう見ずで。何考えてんだかよくわかんないんだけど、なんだか妙に惹かれるバンド。
90年代の人たちが60年代を喜々として引用したように、彼らは小沢健二を、クラウドベリー・ジャムを、フィッシュマンズを、無邪気に××る。その姿が眩しくて眩しくて、クラクラしてしまうのです。
グラサン・アニマル、ちょっと覚えておいてください。

ココナッツディスク吉祥寺店 矢島和義

Plastic Monster

PH_Plastic Monster
(クリックで拡大)

2013年11月に結成。2ピースバンドとしてアコースティックギターとカホンのアコースティック編成、サポートベースを加えたバンド編成として精力的にライブを積み重ねてきたPlastic Monsterが2016年4月27日、1stフルアルバム『Piece Of Me』を遂に全国リリース!!
バンド名にあるよう、モンスターバンドを予感させる1枚。久々にヘビロテで聴けるCDに出逢えた気がする。
今夏のキーワードは「ぷらもん」で!!

SHIBUYA TAKE OFF 7 中嶋直比古

The Floor

PH_TheFloor
(クリックで拡大)

北海道発4人組バンド、The Floor初の全国流通版ミニアルバムが完成した。前作タワーレコード限定SG『リップサービス』は、オリコンインディーズ18位と全くの新人では異例の好発進と注目が集まっている。
今作『ライトアップ』に込められたのは、前作から続く海外インディーロックの系譜を飲み込んだ世界水準のサウンドと、邦楽ロックど真ん中を貫く、抒情的かつ力強い歌声が響く楽曲群。今作は、その彼らの音楽における懐の深さをより色濃く示すものとなった。M-6のような「らしさ」全開の享楽感の溢れる楽曲から、チープな抜け感が絶妙なインディーロックど真ん中の楽曲、いわゆる「歌モノ」のシーンにも刺さる煌めきと切なさが同居した楽曲ーーとにかく何一つ衒いなく、好き勝手に音楽で遊びまくっている。
是非あなたも一緒に彼らと音楽で遊んでみて欲しい。

HTB『夢チカ18』/Yumechika Records 黒澤 圭介

浅井製作所 new_umbro Baycamp_kuro kishu2015_b OTODAMA15 rb2015_b 4_kyoto15_b banner-umbloi•ÒW—pj