全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

DISC NOW Vol:225

音楽関係者が本気でお勧めする1枚!!

『インフェルノ』

Artist : 9mm Parabellum Bullet

DN1_9mm

4月に6thアルバム『Waltz on Life Line』をリリースしたばかりの9mmが早くも新曲を放つ!

現在放送中のTVアニメ『ベルセルク』OPテーマ、この曲の尺は90杪!

90秒に詰め込まれた隙のないサウンドとドラマチックな展開…

ラーメンで例えると、これはまるで職人こだわり究極の一杯。

あなたの90秒、いただけますか? 絶対損はさせませんから。

レビュー執筆者:Sazanga Records 古賀 レーベルと宣伝担当。某CD屋から某レコード会社を経て現在に至る。

『LaLaLa-Prima』

Artist : the equal lights

DN5_イコール

the equal lightsは3年程前に“GREENSPARK”というイベントで一般応募枠で応募して来た所から始まり、いざ出演お願いすると応募で出演したにも関わらず、他のバンドより良いライブをしてきまして、そこからお手伝いをさせて貰ってます! 今年、満を持してUKPMからアルバムをリリース致します! 8月には地元大阪でリリース記念初ワンマン、9月にはバンド自身初の全国ツアーを開催するので、見た事ある方、ない方全て要チェックです!

『LaLaLa-prima』リリース記念 初ワンマン
8/5(金)大阪・福島 2nd LINE
18:30/19:00 ADV ¥2,500(tax in./+1d) DOOR ¥3,000(tax in./+1d)
【info.】GREENS 06-6882-1224 http://www.greens-corp.co.jp/

the equal lights とは「どんな場所、どんな影でも平等に照らす光」

レビュー執筆者:グリーンズ 関下 →関西でイベント企画•運営•プロモーションを行っているグリーンズという会社で働いてます。関下です! GREENSには5年前から働いていて、the equal lightsとはもう3年の付き合いになります。メンバーの方が歳下ですが、僕もメンバーも業界からいうと”若手”でくくられるので、the equal lightsと一緒に僕も成長して行ければという気持ちで日々頑張ってます。

『MANDALA』

Artist : LOVERPHENIX

DN2_LOVERPHENIX

LOVERPHENIX8年ぶりの新作は、8年のすべてが詰まったCDになりました。
長い間ライブのみの活動で培ったものは、楽曲のアレンジや歌詞、メロディの深い部分に説得力を持ち、それはバンドに自由と力を与えたようです。
そんな最高な状態のバンドをレコ発ライブに目撃しにきて下さい。

レコ発ライブ
9/09(金) 吉祥寺Planet K

レビュー執筆者:Natural Hi-Tech Records 林 レーベル代表。

『kanki』

Artist : mol-74

H1

京都発、mol-74(モルカルマイナスナナジュウヨン)の新作『kanki』は、ボーカル・武市和希の透明度の高い歌声を最大の武器に、アコギやピアノを織り交ぜて冷たくも暖かいサウンドスケープを描き出す北欧のバンドにも通じる幻想的な世界観はもちろん健在ですが、新たにバンドの変化を象徴するのがリードトラックの「%」です。
いつになく疾走感を感じさせるサビが印象的で、曲間には高速で手拍子が入り、お客さんと一緒に楽しめる曲になっています。
中盤にはゆったりとした反復を基調とする内省的な楽曲も並べつつ、ラストの「開花」は開放的なコーラスが印象で今までになくふり幅が出た作品になったと思っております。
また、タイトルの『kanki』は、「歓喜」「喚起」「寒気」「換気」といった様々な意味を含んでおります。
ぜひ聴いてモルカルの世界観に浸かってみてください、心が温まりますよ!

レビュー執筆者:Ladder Records 小野寺 夏バテを早くもしております…。

『it is WHAT it is』

Artist : SWANKY DANK

DN4_SWANKYDANK

前作のシングルから丸1年、これがSWANKY DANKだ! と思わせるようなミニアルバム『it is WHAT it is』が完成!
1曲目からこの夏、車で聴きたくなるような疾走感溢れるリード曲「MADE A MESS」、思わず頭を振りたくなってしまう「WIMP」等、SWANKY DANKの真骨頂であるPOPな部分とDARKな部分の2面性が織り混ざった全6曲の作品となっています。
みんなで合宿に入って沢山の意見を出し合い、沢山のお酒を飲み交わした今作は様々な想いが詰まった作品になったと思います。
そしてこのアルバムを引っさげ史上初の47都道府県ツアーを行うので、是非この曲たちを生で聴いて欲しいです!
ファイナルシリーズはワンマンなので、あんな曲やこんな曲をたっぷりお届けするのでお楽しみに!

【SWANKY DANK “it is WHAT it is”TOUR -FINAL SERIES ONEMAN SHOW-】
2017/1/21(土) 大阪BIGCAT
2017/1/22(日) 名古屋BOTTOM LINE
2017/1/28(土) 渋谷TSUTAYA O-EAST

レビュー執筆者:芹澤マクシム SWANKY DANKマネージャー。